この世界の片隅で、ネコ。EP:106『居場所』

猫は暖かい場所を見つける名人(猫)だ。

エアコンの室外機、テレビや炊飯ジャーなど電化製品の上、西日を浴びた落ち葉のカーペット…。

お気に入りの場所で暖まっている猫を見ると頬が緩む。かわいい。

特に冬のひなた。陽を浴びて気持ちよさそうに眠っている猫。

触らせてもらうと、なるほど暖かい。干した布団の匂い。

猫は気持ちよさそうに眠ったままだ。

そして太陽が動くのだからひなたもまた動く。

おかしいのが猫もひなたと同時に動く、それも眠ったまま。

お昼ごろ、眠りこけている猫を撮り、しばし食事休憩。

小一時間してまた同じ場所を訪れると…移動したひなたにさっきの猫もきっちり収まっていた。

勿論ぐうぐう眠ったままだ。無意識のうちに動いてるの?

まるで冬のひまわりだ。

夏は…冬と反対にひかげを探せば猫がいる。ただひなたを探すより難易度が高い。

車の下やビルとビルの隙間などでジッとしている。

日中はほとんど出歩かないから猫を撮影したい身としては夏はお手上げだ。

そのかわり陽が沈み夜がやってくると猫の時間だ。

月あかりの下で何をしているのだろうか。暗くてなかなか写真は撮れないけれど。

まるで月見草だ。

どの季節も居心地のよい場所を発見する名人、それが猫。

だって春も夏も秋も冬も心地よい居場所、「人間」の膝の上という場所を発見しちゃったんだから。

マッサージ付きだしね。

では今日も誰か膝の上で、おやすみなさい。

P.S.そういえば元プロ野球選手の野村克也さんが『王・長嶋がひまわりならオレはひっそりと咲く月見草』という名言を残してたなぁ。

 

【横尾健太】Yokoo Kenta
Twitter 猫島警部 @nekojimakeibu

熊本市在住。1999年より細々と猫写真を撮り始めて今では太々と猫に浸かる。2016年熊本地震で被災、一時的に東京へ避難。その先で様々な人と猫に癒されお世話になる。「ネコまる大賞」「猫の手帖キャネット大賞」「よみうり写真大賞ファミリー部門季節賞」受賞。使用機材:通常はニコンのD800、旅先はペンタックスのKP、夏はニコンのnikon1 J5。でも機材にこだわりはありません。

プロとはそれで生活できる人だと思うので、アマです。なにもかも脇が甘い性格。写真におけるスタンスは皆無です。猫さまを見ると興奮して「あ、あ、あ」となり何も考えずにシャッター切ってます。「猫を使って金儲け」よりも「金を使って猫儲け」したいな。いろんな猫に出会いたいです。

-猫びより

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD.