猫びより

2021/10/6

芳澤ルミ子のぶらにゃんこ 第6回

お茶目でおしゃべりで、心優しい「べんけい」 民家すれすれを走る江ノ電、キラキラ輝く七里ヶ浜海岸の海を車窓から眺め、気分は鎌倉物語。今日は腰越駅で下車。小さな踏切を渡って、急な階段を上ったところに義経・弁慶ゆかりの寺「満福寺」がありました。 かつて、源義経と共に忠臣・弁慶が滞在し、兄の頼朝との和解のために腰越状という手紙をしたためたお寺です。 弘中春光さんに抱っこのべんけいと腰越状を書く弁慶のスリーショット 弁慶といえば怪力無双の豪傑なイメージですが、ここにはとってもチャーミングな「べんけい」がいるんです。 ...

2021/9/9

名所古刹の境内で出会える猫たち

ふと視線を感じると神々しい猫の姿 琵琶湖の北西にあり、天台寺門宗の総本山で園城寺おんじょうじは、天智・天武・持統各天皇の産湯を汲んだ「御井(三井)」にちなみ三井寺みいでらと呼ばれる。境内には国宝の金堂をはじめ、徳川家康が寄進したと伝わる重要文化財の三重塔、近江八景と呼ばれる三井の晩鐘など、歴史ある文化財が建ち並ぶ。最近では朝ドラ「おちょやん」など多くのドラマや映画のロケ地にも使われ、桜や紅葉も美しく大勢の人が訪れている。 昨年は中止された春のライトアップも今年は開催されるとあり、桜の時季に散策した。西国十 ...

2021/9/22

忍者猫チャコ

鋭い眼差しに抜群の運動能力。こちらに飛んだと思えばあちらにひらり。まるで忍者のような跳躍を見せるのが、SNSでも人気のチャコ(4歳 オス)。華麗なるジャンプ写真とともに、チャコについてお話伺いました。 先代猫を老衰で見送った時、残ったキャットフードの寄付先として、猫の保護団体アニマルエイドさんをネットで見つけました。施設を訪れた時に最初に目が合ったのが、出窓から外を眺めていたチャコです。11月で季節外れの雪が舞う中、ブルーアイの美しい白猫と出会ってしまったというロマンチックな瞬間でした(チャコは成長ととも ...

2021/9/15

最弱こそ最強!もんた

見れば確かに猫ではあるが、映画『グレムリン』に登場する「ギズモ」のような顔にずんぐりむっくりの体。短い足でぽてぽて歩き、食べ方もスローで猫らしからぬ不器用そのもの。そして、何をするにも気だるそうな表情には哀愁さえ窺うかがえる。「最強」の真逆にいるようなこの猫、「もんた」の最強たる所以とは?   老成した2歳 散歩の途中に旬の雑草をつまみ食いするのも、もんたの日常の楽しみだ 猫の名はもんた。老成したシニア猫に見えるが、実は8月にようやく2歳を迎えるまだ若猫真っ盛りだ。福岡県糸島市の自然に囲まれた家 ...

2021/9/6

クリニックとショップの両輪で猫を助ける!

動物看護師の森麻希子さんと足立昂太さん 「パノニカスペイクリニック」は、猫( または犬)の避妊・去勢手術専門の動物病院。「スペイ(spay)」とは、正しくは「卵巣摘出手術をすること」または「手術を受けたメス」を指すが、欧米では避妊・去勢手術専門の動物病院を「スペイクリニック」と呼び、広く認知され、日本でもこの名称が使われるようになってきた。 「近くにスペイクリニックがないなど、様々な事情で外猫の避妊・去勢手術が受けにくい地域に、TNRを広げたい」というオーナーの宮本晶子さんの想いが実り、昨年6月に開院。現 ...

2021/9/4

ストリートキャット ボブの銅像製作中!

元ホームレスの青年ジェームズとの奇跡の友情が世界中で話題となった茶トラの猫・ボブ。昨年6月に虹の橋を渡り、国を越えた多くのファンがボブの死を悼みました。 ジェームズの運命を変えたボブ その後ジェームズは、ボブへの深い親愛と感謝の意を込めて、ボブの銅像とベンチを製作するためのファンドを設立。みごと目標を達成し、ウェールズ在住の彫刻家・Tanya Russellさんにより着々と製作されています。予定地は思い出の地イズリントン・グリーン内の一角、ふたりの物語を綴った初の書籍『ボブという名のストリート・キャット』 ...

2021/8/31

ネコのとなりに [第11回] おやこ

ネコは身近な動物で、ヒトの社会の中で暮らしています。そのため野生動物とは異なり周囲の環境も含め、ヒトがいてネコは生きていけると思うのです。ヒトとヒトの間に繋がるいのち。今を生きる友達として向き合いながら、街の中にネコのいる風景が時代は変わってもあり続けてほしいと願うばかりです。 写真・文・イラスト平井佑之介 数年前から顔見知りの、いくつになっても親離れしないネコがいる。ヒトを見ると警戒して距離を置くお母さんネコの〝もも〟と、それを真似る娘ネコの〝くるみ〟。〝くるみ〟は小さな頃からお母さんにべったりで、〝も ...

2021/8/28

イキってるネコってどんな猫?

上から目線の猫、喧嘩腰の猫、煽あおり顔の猫……なんか「イキってる」猫たちを集めた写真集『イキってるネコ』から、一部をご紹介します。 猫って本当に表情が豊かですよね。 猫たちを撮影していて、「猫も色々考えているなぁ」とよく思います。猫が2匹揃えば、そこに猫同士の複雑な関係性も垣間見えたりして、見ていて飽きることがありません。 時にはちょっとした揉め事に遭遇することもあります。 睨みをきかせている猫のなかには、明らかに虚勢を張っているような子もいます。本気の睨み合いもあれば、いらぬちょっかいを仕掛けてわざと相 ...

2021/8/20

必死さに欠けるネコ #51 ありがとう 沖昌之

  必死なきみもすてきだけれど   必死さに欠ける日もあっていい   いつも笑顔で!   んじゃ、またね~!   必死さに欠けるネコは最終回です。少しでもリラックスしていただけましたでしょうか? ご覧くださった皆様と、猫さんたちに心からの感謝を。ありがとうございました。 沖昌之 「必死さに欠けるネコ」 沖 昌之 Presented by 猫びより 沖昌之 Oki Masayuki 猫写真家。1978年神戸生まれ。家電の営業マンからアパレルのカメラマン兼販売 ...

2021/8/18

巨猫現ル! 鉄道ヲ運休セヨ!! ジオラマ食堂の猫たち

巨猫が列車に接近! 緊急停止せよ!!(ライア) ―速報です。本日、大阪に巨大な猫が出現しました。その数4体。巨猫たちは線路上を悠々と歩き回ったり電車をなぎ倒すなど傍若無人に過ごしたのち、現在は線路上に横たわり休息中です。怪我人はありません。町の人々からは「大きいが可愛い」「もふもふして癒される」「線路が気に入ったなら鉄道は運休にすべきだ」などの声が上がっています。当局は「巨猫たちに悪意は見られず、なにしろ可愛い。破壊された車両は修理すればよい」として静観する方針です。 巨猫が行動を開始! 緊急配備につけ! ...

2021/8/20

必死さに欠けるネコ #49 乙女 沖昌之

  うふふ、ずっと待ってた♡   先生・・・ おトイレ行ってもいいですか?   んも~アイツったら、 ゆるさないんだから! プンプンのプン!!   キャ~ッ! こんなところに バナナの皮置いたの だれ~?!   「必死さに欠けるネコ」 沖 昌之 Presented by 猫びより 沖昌之 Oki Masayuki 猫写真家。1978年神戸生まれ。家電の営業マンからアパレルのカメラマン兼販売員に転身。初恋のネコ「ぶさにゃん先輩。」の導きにより2015年に独立 ...

2021/8/20

芳澤ルミ子のぶらにゃんこ 第5回

佐柳島の名所は猫たちのデートスポット 今回はぶらぶらを自粛して、近年通っている「恋する猫島」について綴ります。 うどん県はJR予讃(よさん)線・多度津駅に下車。路地猫に挨拶をしながら歩いて20分、「たどつ汽船」に揺られて目指すは佐柳(さなぎ)島です。 瀬戸内海に浮かぶ塩飽(しわく)諸島の一つ、佐柳島 たどつ汽船の「新なぎさ2」に乗船 島には南北ふたつの港がありますが、私は本浦港で下船。瀬戸内の海風がそよぐ防波堤や砂浜、空地に神社にいつもの顔……のびのび暮らす猫たちに会えば、長旅の疲れも忘れ、猫をお世話する ...

2021/8/11

編集部オススメ! お腹にやさしい発酵ごはんで、ずっと健康

Text by Miyata Reiko さくらは現在19歳。カルシウム不足も改善され、すっかり元気に 愛猫と一日でも長く健康に暮らしたい―。そんな想いから誕生したのが、腸内環境を守ることに着目したペット用おやつ「やさしい85はっこうごはん」。開発したのは、多くの猫と暮らしてきた発酵料理研究家の岩田麻奈未さんです。 「数年前、我が家で一番のご長寿猫・さくら(当時17歳メス)の下痢が続き、栄養が充分に吸収されないためカルシウム不足から痙攣を起こすようになってしまいました。薬では治らず、さまざまなフードを試し ...

2021/8/11

愛猫CIAOちゅ~る物語 第9回「立ち派? おすわり派? こんなポーズで食べています」猫びより賞

Presented byいなばペットフード株式会社 「仲良くなるきっかけに」、「お薬を楽しく飲んでもらえるように」、「爪切りを頑張ったご褒美に♪」……など愛猫や顔なじみの猫と「CIAOちゅ~る」にまつわるエピソード&写真を毎号テーマを変えて大募集!   立ち派を超えて背伸び派登場!丸いお顔を並べてちゅ~るに夢中なふたりに胸キュンです(手前から愛生、マシュー1歳オス) 多頭飼いのわが家では座ってなんていられない! みんにゃ立ち派でCIAOちゅ~るを食べています。 特に食いしん坊の愛生とマシ ...

2021/8/20

神様・仏様・お猫様 神社仏閣の猫 第10回

境内では藤の花が見ごろを迎えていた 「烏山からすやま寺町」は、大正時代、関東大震災からの復興に際し、浅草や築地にあった寺院を移転してできた町で、26ある寺院の一つが乗満寺である。住職の遠藤賢順さんによれば、震災後、寺院だけでなく檀家さんも浅草からリヤカーでやってきたということだ。 門を入るとキジトラのミーちゃん(18歳オス)が出迎えてくれた。「こんにちは、今日はよろしくね」と挨拶をすると、ミャーと返事をしてくれた。 つつじも花盛り、春爛漫 「18年程前にミーちゃんを迎え、8年前にロト(8歳オス)が、今年に ...

2021/8/20

必死さに欠けるネコ #49 渾身の 沖昌之

  ズコーッ! ズコーッ!! ズコーッ!!! ズッコーーーッ!!!!   「必死さに欠けるネコ」 沖 昌之 Presented by 猫びより 沖昌之 Oki Masayuki 猫写真家。1978年神戸生まれ。家電の営業マンからアパレルのカメラマン兼販売員に転身。初恋のネコ「ぶさにゃん先輩。」の導きにより2015年に独立。猫専門誌『猫びより』(辰巳出版)の「必死すぎるネコ」など連載多数。『ぶさにゃん』(新潮社)、『残念すぎるネコ』(大和書房)、『明日はきっとうまくいく』(朝日新聞出版) ...

2021/7/27

第8回愛猫ちゅ~る物語「こんなときにちゅ~るをあげています」 選り抜き作品

Presented byいなばペットフード株式会社 「仲良くなるきっかけに」、「お薬を楽しく飲んでもらえるように」、「爪切りを頑張ったご褒美に♪」……など愛猫や顔なじみの猫と「CIAOちゅ~る」にまつわるエピソード&写真を毎号テーマを変えて大募集! ご応募いただいた方の中から選り抜きの作品を、猫びより公式HP「猫びよりプラス」にてご紹介。 その中から1名様を本誌『猫びより』、2名様を猫びより公式HP「猫びよりプラス」にて掲載いたします。掲載された方には賞品「CIAOちゅ~る」詰め合わせをプレゼント ...

2021/7/27

第8回愛猫ちゅ~る物語「こんなときにちゅ~るをあげています」 猫びよりプラス賞

Presented byいなばペットフード株式会社 「仲良くなるきっかけに」、「お薬を楽しく飲んでもらえるように」、「爪切りを頑張ったご褒美に♪」……など愛猫や顔なじみの猫と「CIAOちゅ~る」にまつわるエピソード&写真を毎号テーマを変えて大募集! ご応募いただいた方の中から選り抜きの作品を、猫びより公式HP「猫びよりプラス」にてご紹介。 その中から1名様を本誌『猫びより』、2名様を猫びより公式HP「猫びよりプラス」にて掲載いたします。掲載された方には賞品「CIAOちゅ~る」詰め合わせをプレゼント ...

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD.