neko1
neko1
previous arrow
next arrow

takabatake

2023/2/5

お子様連れも安心な猫のいるカフェ

写真・文 原田佐登美 店長の紗希さん。みるくちゃんがお見送りしてくれる時も 2018年10月、豊橋市多米町にOPENした、料理好きな店長の今川紗希さんとお母様のみよさんが営む「Cafe ちゃちゃ」。家族みんなが猫好きというだけあっ て、看板や外観には猫が描かれている。 元保育士だった紗希店長の発案で、 店内にはキッズスペースや子ども用の椅子があり、子連れでも安心。週替わりプレートは家庭的なおかずが満載で、お腹も心もほっこりする。季節の食材を活かした週替わり弁当や焼き菓子のテイクアウトも可能だ。 猫がいるキ ...

2023/1/26

猫専用アパートのパイオニアが目指す理想の賃貸と社会

東京都杉並区の静かな住宅街にある、猫と暮らす人専用のアパート「Gatos Apartment(ガトス アパートメント。以下 Gatos Apt)」。手掛けたのは、猫専用賃貸コンサルタントの木津イチロウさん。今でこそ多くなった猫専用賃貸を日本で最初にプロデュースしたパイオニア的存在だ。猫との暮らしを叶える理想の住まいについて聞いた。 文・片山琢朗 写真・内山光陽 3次元構造の広い部屋 体が小さかったことからその名が付いたという、ちょっと人見知りなチー(メス)。なお「Gatos」とはスペイン語で「猫」のこと。 ...

2023/1/6

芳澤ルミ子のぶらにゃんこ 第12回

ビーチでのんびりくつろぐ猫たち 那覇からフェリーに乗って西へ30km。国立公園にも指定されている「慶良間諸島(けらましょとう)」の東端、渡嘉敷島(とかしきじま)へやってきました。透明度抜群の海! 沖縄の離島では珍しく山深く「ハブやイノシシに気を付けてねー」と、島人から声が掛かります。山にはかつて米軍が置いていった洋種の猫(の子孫)や、集落で縄張り争いに負けた猫が暮らしているといいます。もし、見かけた猫が怪我をしていても、それはハブに噛まれて傷を負ったもの。島には動物病院がないので、猫達は逞しくも自力で治し ...

2023/1/6

看板猫は膝まくらフェチのおじいちゃん? !

文具と雑貨のお店「Select SHOP nëco」の看板猫ジュニ(14歳オス)はお客さんの膝に乗ってお尻をぽんぽんされるのが大好きだ。 おなかをぽんぽんすると「そこじゃない!」とお客さんにダメ出しも。お尻がいいのだ お店に入ると早速ジュニがニャアニャア言いながら足元に近づき「膝に乗せんね、尻ぽんせんね(※熊本弁で「膝に乗せろ、尻ぽんしろ」の意。)」とばかりに見上げてくる。ソファに座った途端、膝に飛び乗ってきた! 「ジュニはお客さんを見つめながらナンパするんです。鳴いてムリならお客さんの膝をトントンして座 ...

2023/1/13

【猫川柳】みんなで詠むネコゴコロ・その6

猫たちのさまざまな写真とともに、猫と人の本音を詠んだ「猫川柳」。現在も募集中のところ、一足先に集まった秀逸な川柳作品を大公開♪ 独特な キャットタワーの 使い方 ムギマロン/マロン(3歳メス)     働いて 貢いだところで この表情 ねこねこねここ/なつ(2歳オス)、もも(2歳メス)     プレゼント もらってばかりの 猫サンタ とらじのお世話係/とらじ(2歳オス)     おじいちゃん おんなじお水 おいしいね 三ツ豆/みつまめ(5歳メス) ...

2023/1/6

お店番は私たちにおまかせ! 衝撃の出会いから看板猫へ

「ひよこ雑貨店」は熊本駅から北へ約2kmの住宅街にあるオシャレなお店だ。熊本をはじめ全国のハンドメイド作家のステキな小物が並ぶ。オーナーこだわりの作品の中、くりくりした看板猫が2匹出迎えてくれた。黒白で愛嬌たっぷりのてぶくろ(7歳メス)と、左耳のない〝片翼模様の天使〟キジトラの羽(2歳メス)だ。 てぶくろ、店番にちょっと飽きた? 左耳がない分、いつも微笑んでいるように見える羽 オーナーの網野知恵子さんは10年前に東京から熊本へUターン。祖父母が営んでいた調剤薬局を改装してお店を始めた。 結婚を機に「猫を飼 ...

2022/12/31

神様・仏様・お猫様 神社仏閣の猫 第18回

観音様とムーンちゃん。どちらも尊く感じる 讃岐國分寺は741年に聖武天皇が仏教による国の平和を願って全国各地に建立した国分寺の一つ。四国霊場第八十番札所でもあり、いつも多くの参拝客で賑わっている。 仁王門を潜り松の木の道を抜けると鎌倉時代に再建された本堂が見える。本尊の十一面千手観世音菩薩に参って賽銭を納めると、御前立仏の他に白い猫の像が見えた。参拝を終えて住職の大塚純司さんと話をしていると三毛猫が現れた。 「猫の中でも三毛が好き」と住職の大塚さん。撫でる手が優しい お気に入りのブラッシング 「11年前、 ...

2022/12/29

【猫川柳】編集部が詠むネコゴコロ・その6

猫の気持ちを想像したり、飼い主さんがついやってしまうことなどを川柳にした“猫川柳”。皆さんからの投稿に負けじと、編集部も詠みますよ〜! ©︎Minako Okuyama じんわりと 歩みを詰めて 激写する     ©︎Teruhisa Tajiri 見えずとも 視線で把握 推しの場所     ©︎Minako Okuyama 壁伝い いつかは登れる 気がしてる     ©︎Teruhisa Tajiri ごろんごろん 猫が転がりゃ 春近い &nb ...

2022/12/28

かぎしっぽな日々「ペット用見守りカメラ」

  登場人物   飼い主さん不在時の猫の様子がわかる 猫は飼い主さんが留守の間も、比較的マイペースに過ごしてくれる動物です。これも猫の飼いやすさの一つでしょうが、用事が伸びて帰宅が遅れたり、仕事で残業になったりすると、猫も寂しいですし、不安になります。その反動で大きな声で鳴いたり、ふだんしないようないたずらをしたりすることもあります。 飼い主さんにすれば「帰りたくても帰れない」という歯がゆい状況で、猫が誤食やケガをしないか心配です。できれば家に人がいないときの猫の行動を知り、猫が安全で ...

2022/12/24

不可侵条約を結んだ2匹の看板猫たち

定位置でいつものご夫婦を待つ茶太郎君 朝ごはんを平らげたしま君 木々の緑が広がる昭和37年創業の「大師茶屋」。こちらのお店の名物は、手打ちそばだけでなく、茶太郎君(推定17歳以上オス)としま君(推定3~4歳オス)の2匹の看板猫です。 お店の入り口の猫ハウスや店先でくつろぐ茶太郎君のファンは多く、通学中の小学生や、通勤途中に毎日会いに来るご夫婦、お客様などにナデナデしてもらうのが日課だとか。 お店で働いている土田明希さんは、家では2匹の保護猫たちと暮らしている猫好きで、「茶太郎は毎朝ご夫婦が店の前を通るのを ...

2022/12/23

寄りそう猫「猫のいるしあわせ」

バツイチおっかあと子どもたちが暮らす海辺の家は、今日もにぎやか。ワケアリ猫が9匹、笑顔の真ん中にいる。 千鶴子さん提供 利発そうな瞳を持つキジ白の子猫を、あおいちゃんの小さな手が、大事そうにそっと包む。この子は、あおいちゃん一家の9番目の宝物だ。 子猫は生後2か月くらいのとき、海辺で衰弱しきってカラスにつつかれていた。通りかかって救ってくれたのは、海辺の猫たちのお世話を続けている保護団体「ドリームキャット」の千鶴子さんだった。 シェルターで栄養をつけてもらっているところを、おうちの猫の塗り薬を分けてもらい ...

2022/12/22

【猫川柳】みんなで詠むネコゴコロ・その6

猫たちのさまざまな写真とともに、猫と人の本音を詠んだ「猫川柳」。現在も募集中のところ、一足先に集まった秀逸な川柳作品を大公開♪ 「カーテンがぁっ」 それでもまずは 写真撮る kuroneko_120/みけ(5歳メス)     いいオトコ これ見よがしで ない気遣い 三輪白米/ルパン(8歳オス)     お手入れの 途中で声を かけにゃいで リッツ/杏(10歳メス)     大あくび 世界大会 金メダル みえこ山/うるち(1歳オス)   ...

2023/1/6

整理、収納、DIYで猫と私の理想の空間

写真・北原千恵美 Text by Miyahara Mayuko 同じ空間でそれぞれにくつろぐTSUN(つん)さんとぐうちゃん TSUNさんがマイホームを購入したのは7年前。リノベーション前提で中古マンションを購入し、現在に至るまで自分好みの空間をつくり上げてきた。 「賃貸に住んでいたころはなかなか思うようなお部屋づくりができなかったんです。その分、持ち家になって欲求が爆発しました」とTSUNさんは笑う。猫を飼ったのも自分の城ができたことがきっかけだ。 3年前、保護団体やブリーダーのもとをあちこち訪ねまわ ...

2022/12/16

【猫川柳】編集部が詠むネコゴコロ・その5

猫の気持ちを想像したり、飼い主さんがついやってしまうことなどを川柳にした“猫川柳”。皆さんからの投稿に負けじと、編集部も詠みますよ〜! ©︎Minako Okuyama ピンとして くつろげてるの? その前足     ©︎Miharu Saitoh 飼い主の オナラに敏感 うちの猫     ©︎Minako Okuyama 忍び足 後ろはガラ空き スキだらけ     ©︎Minako Okuyama 草むらと 陽の当たる場所 紙一重   ...

2022/12/16

寄りそう猫「里山の仲間たち」

海辺の公園に捨てられた子猫は、里山に。「福猫になあれ」と、「福」という名をもらった。 福くんの橙色の瞳は、毎日毎日、新しいものを発見しては、輝いている。 草むらや畑や小道の匂いを嗅ぎ回って遊び回るから、鼻先にいつも土がついている。 もう、寒くてひもじくて怖くて、公園で震えていた独りぼっちじゃない。 拾ってくれた人が家では飼えなくて、連れてきてくれた里山では、犬や猫がわんさか迎えてくれた。 迷い込んだり持ち込まれたりした保護犬・保護猫たちで、もういっぱいいっぱいだったのに、行くところのない子猫を受け入れてく ...

2022/12/12

【猫川柳】みんなで詠むネコゴコロ・その5

猫たちのさまざまな写真とともに、猫と人の本音を詠んだ「猫川柳」。現在も募集中のところ、一足先に集まった秀逸な川柳作品を大公開♪ 寒い夜 お布団かけて パジャマ着て 阿部恵美/ぷりん(2歳メス)     ぼくの手相 金運最高 だといいな うなぎ/ボブ(5歳オス)     友曰く 「どうなってるか わからない。」 みよ子/涼(11歳オス)     猫又とは こういう事かと 尻語る わはは男爵/ゆず(1歳オス)     飼い主を ト ...

2022/12/13

愛猫CIAOちゅ~る物語 第17回「待ちきれない!『ちゅ~る』で起立」猫びより賞

Presented byいなばペットフード株式会社 「仲良くなるきっかけに」、「お薬を楽しく飲んでもらえるように」、「爪切りを頑張ったご褒美に♪」……など愛猫や顔なじみの猫と「CIAOちゅ~る」にまつわるエピソード&写真を毎号テーマを変えて大募集!   どこにいても駆けつけます ちゅ~るの準備が待ちきれず立ち上がるこまち。最近はこのスタイルで食べるのが定番です(こまち1歳メス) CIAOちゅ〜るの入った缶を持つとどこにいても走ってくるこまち。缶に頭を突っ込んだり、自分で選んだり、なぜかち ...

2022/12/12

こんなときどうすれば? 獣医師の先生に相談してみよう!(2)

猫は一般的に7歳から「シニア期」に入ります。猫も人間と同様シニアになるとさまざまな不調が出てきますが、不調の原因や改善方法に悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか。そんなシニア期に関するお悩みに、獣医師の先生が答えてくれました。   シニア期の悩みに答えてください! Q.7歳になったので血液検査をしたところ、肝臓の値が悪くエコー検査を勧められました。かなりの病院嫌いのためものすごく暴れるのですが、麻酔をしてでもエコーをとるべきでしょうか?薬は断固拒否で、麻酔後の嘔吐が激しい猫です。長生きしてほ ...

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD.