takabatake

2023/4/12

第18回愛猫ちゅ~る物語「ちゅ~るでテンション0→100%」 猫びよりプラス賞

Presented byいなばペットフード株式会社 「仲良くなるきっかけに」、「お薬を楽しく飲んでもらえるように」、「爪切りを頑張ったご褒美に♪」……など愛猫や顔なじみの猫と「CIAOちゅ~る」にまつわるエピソード&写真を毎号テーマを変えて大募集! 起立! 気をつけ! 前ならえ! 小梅(6歳♀) 小梅は気まぐれ。 カリカリはすぐに食べない。 朝あげたらお昼くらいに食べることも。 でも、ちゅ〜るは別腹。 いつでもウェルカム、美味しい顔。 (埼玉県 ロボ) テンションも距離も変わる タマ(8歳♀) 野 ...

2023/3/31

QAIS-air-で ニオイのお悩みをすっきり解決!きれいな空気で心地良く暮らす

どんなにつれなくされても自分勝手でも、そこが可愛い! ―猫のすべてが愛しい、そう言い切れる読者の皆さんでも、やっぱり気になるのがトイレのニオイではないでしょうか。 本誌でもおなじみ、自宅で4匹、実家で2匹+ 犬1匹と暮らすMARCOさんもニオイのお悩みを抱えるひとり。 「メスに比べて、オスのオシッコ臭は特に強く感じますね。トイレの後に猫が砂をかけてくれないこともあるので、ニオイが残ってしまいます」。 そこで使ってみたのが、サンスターの除菌脱臭機「QAIS-air- 04A1J」(クワイスエアー)。壁掛け型 ...

2023/3/10

集まれ猫好き! Vet's Labo春の注目商品レポート in Lovelyにゃんフェスタ

去る2月10、11日、横浜産貿ホールにて開催された「Lovelyにゃんフェスタ」には最新のフードやグッズが大集合! 今回は本誌でもおなじみ、ジャパンペットコミュニケーションズのブースにお邪魔しました。 ベッツラボの特長 ジャパンペットコミュニケーションズのブランド、「ベッツラボ」の商品の特長は、なんといっても臨床獣医師が開発していること。飼い主さんのニーズを一番近くで汲み取れる獣医師だからこそ実現できる、質の高い商品がそろっています。 臨床獣医師オススメ ブースでお話ししてくれたのは、ベッツラボ開発チーム ...

2023/6/6

第18回愛猫ちゅ~る物語「ちゅ~るでテンション0→100%」 猫びより賞

Presented byいなばペットフード株式会社 「仲良くなるきっかけに」、「お薬を楽しく飲んでもらえるように」、「爪切りを頑張ったご褒美に♪」……など愛猫や顔なじみの猫と「CIAOちゅ~る」にまつわるエピソード&写真を毎号テーマを変えて大募集! テンション上がらず ぐったりやる気ゼロ ↓ 大好きなちゅ~るもらって ニッコリ笑顔♪ (愛知県 にゃんこ) 募集内容 みなさんの“猫”と“CIAOちゅ~る”のエピソードを教えてください。エッセイに登場する猫の写真も必ずお送りください。◉第19回「ちゅ~ ...

2023/4/7

猫に優しい喫茶店 行田市・喫茶店「茶馬古参」

取材・平野敦子 秩父鉄道の行田市駅から 徒歩5分ほどで、蔵の作りをイメージした喫茶店「茶馬古道」へ。中島京子さんと憲一さんご夫婦が営むこちらのお店では、6匹の猫たちのほか、最近来るようになった新参者の名無し君、たまにごはんを食べにやって来るママちゃん(10歳以上メス)と ポンちゃん(3~4歳)母娘の、9匹の猫たちプラス突然出現する猫たちのを面倒を見ているとか。TNR※ 地域猫活動にも積極的に取り組んでいます。 メインは古株順に華兵衛君(9~10 歳オス)、 梅君と茶君兄弟(ともに7~8歳オス)、黒兵衛君と ...

2023/4/4

伝統や文化と、動物愛護の埋まらない溝 其の二

写真・文堀晶代 本誌124号より、フランスで昨年11月に可決された動物の取り扱いに関する法律の改正案を取りあげている。前号では、動物愛護の観点から見た「伝統と文化」との矛盾に触れた。 筆者がはじめてフランスの猫と犬の保護団体への取材を申し込んだのは、2004年。先方の対応はけんもほろろだった。「猫や犬を食べている日本人が、保護を語ろうとするなんて、ちゃんちゃらおかしい」という、まったくの誤解からだ。 フランスを含む欧米において、「猫や犬と暮らすなら買うのではなく、行き場のない子たちの里親になろう」という考 ...

2023/2/12

マンハッタナーズ2023春夏の新作はお出掛けもおうち時間も充実するラインナップ!

猫に囲まれてごきげんな毎日を 画家久下貴史氏が猫たちからひらめきを得て描く、個性豊かな作品世界を分かちあうアート・ブランド「マンハッタナーズ」より春夏の新作アイテムが登場です。おしゃれするのが楽しくなるアクセントカラーが効いたバッグから、食卓を華やかに彩るキッチンアイテムまで、お出掛けもおうち時間も充実するラインナップが揃いました。 モノグラムの上に眠っている猫たちがちりばめられた、これからの季節のお出掛けに最適なバッグシリーズ モノグラム (左)2Wayバッグ(取り外し可能ポーチ付き)「猫のモノグラム」 ...

2023/4/7

キャットファーストな猫用首輪専門店 西荻窪「ネコソダテ」

取材・平野敦子 西荻窪駅から徒歩5分ほどで、オリジナルの猫用首輪や猫モチーフ雑貨、猫用品などを多数取りそろえる「ネコソダテ」に到着。店主の満間摂子さんは、小学1年生の夏休みに神社で7匹の子猫を保護して以来、ずっと猫と共に暮らし、のべ100匹以上の猫たちとかかわってきました。大学入学や就職で実家を離れ、猫と暮らしたいという思いが高じてとうとう猫のために家を買ったのだとか。その後保護団体からトンキニーズのトンキ君(11歳オス)を迎えたそうです。 「飼育放棄されたようで、とりもちに引っかかっていたところを保護さ ...

2023/4/7

お子様連れも安心な猫のいるカフェ 豊橋市「Cafe ちゃちゃ」

写真・文 原田佐登美 2018年10月、豊橋市多米町にOPENした、料理好きな店長の今川紗希さんとお母様のみよさんが営む「Cafe ちゃちゃ」。家族みんなが猫好きというだけあっ て、看板や外観には猫が描かれている。 元保育士だった紗希店長の発案で、 店内にはキッズスペースや子ども用の椅子があり、子連れでも安心。週替わりプレートは家庭的なおかずが満載で、お腹も心もほっこりする。季節の食材を活かした週替わり弁当や焼き菓子のテイクアウトも可能だ。 猫がいるキャットルームは別室になっていて店内に猫はいないが、マグ ...

2023/1/26

猫専用アパートのパイオニアが目指す理想の賃貸と社会

東京都杉並区の静かな住宅街にある、猫と暮らす人専用のアパート「Gatos Apartment(ガトス アパートメント。以下 Gatos Apt)」。手掛けたのは、猫専用賃貸コンサルタントの木津イチロウさん。今でこそ多くなった猫専用賃貸を日本で最初にプロデュースしたパイオニア的存在だ。猫との暮らしを叶える理想の住まいについて聞いた。 文・片山琢朗 写真・内山光陽 3次元構造の広い部屋 「Gatos Apt」は、1階に広さ1DK35㎡の部屋を2つ備えた2階建てのデザイナーズアパートだ。オーナーの木津さんは、奥 ...

2023/1/6

芳澤ルミ子のぶらにゃんこ 第12回

那覇からフェリーに乗って西へ30km。国立公園にも指定されている「慶良間諸島(けらましょとう)」の東端、渡嘉敷島(とかしきじま)へやってきました。透明度抜群の海! 沖縄の離島では珍しく山深く「ハブやイノシシに気を付けてねー」と、島人から声が掛かります。山にはかつて米軍が置いていった洋種の猫(の子孫)や、集落で縄張り争いに負けた猫が暮らしているといいます。もし、見かけた猫が怪我をしていても、それはハブに噛まれて傷を負ったもの。島には動物病院がないので、猫達は逞しくも自力で治してゆきます。 島の玄関口、渡嘉敷 ...

2023/4/7

看板猫は膝まくらフェチのおじいちゃん? !熊本市「Select SHOP nëco」

文具と雑貨のお店「Select SHOP nëco」の看板猫ジュニ(14歳オス)はお客さんの膝に乗ってお尻をぽんぽんされるのが大好きだ。 お店に入ると早速ジュニがニャアニャア言いながら足元に近づき「膝に乗せんね、尻ぽんせんね(※熊本弁で「膝に乗せろ、尻ぽんしろ」の意。)」とばかりに見上げてくる。ソファに座った途端、膝に飛び乗ってきた! 「ジュニはお客さんを見つめながらナンパするんです。鳴いてムリならお客さんの膝をトントンして座らせる、要求の激しいおじいちゃん猫なんです」とオーナーの山本麻衣さんは笑う。 ジ ...

2023/3/22

【猫川柳】みんなで詠むネコゴコロ・その7

猫たちのさまざまな写真とともに、猫と人の本音を詠んだ「猫川柳」。現在も募集中のところ、一足先に集まった秀逸な川柳作品を大公開♪ 独特な キャットタワーの 使い方 ムギマロン/マロン(3歳メス)     働いて 貢いだところで この表情 ねこねこねここ/なつ(2歳オス)、もも(2歳メス)     プレゼント もらってばかりの 猫サンタ とらじのお世話係/とらじ(2歳オス)     おじいちゃん おんなじお水 おいしいね 三ツ豆/みつまめ(5歳メス) ...

2023/4/7

お店番は私たちにおまかせ! 衝撃の出会いから看板猫へ 熊本市「ひよこ雑貨」

「ひよこ雑貨店」は熊本駅から北へ約2kmの住宅街にあるオシャレなお店だ。熊本をはじめ全国のハンドメイド作家のステキな小物が並ぶ。オーナーこだわりの作品の中、くりくりした看板猫が2匹出迎えてくれた。黒白で愛嬌たっぷりのてぶくろ(7歳メス)と、左耳のない〝片翼模様の天使〟キジトラの羽(2歳メス)だ。 オーナーの網野知恵子さんは10年前に東京から熊本へUターン。祖父母が営んでいた調剤薬局を改装してお店を始めた。 結婚を機に「猫を飼うならハチワレがいいかも」という網野さんの思いを保護猫団体に伝えたところ、紹介され ...

2023/4/7

神様・仏様・お猫様 神社仏閣の猫 第18回 香川県高松市「讃岐國分寺」

讃岐國分寺は741年に聖武天皇が仏教による国の平和を願って全国各地に建立した国分寺の一つ。四国霊場第八十番札所でもあり、いつも多くの参拝客で賑わっている。 仁王門を潜り松の木の道を抜けると鎌倉時代に再建された本堂が見える。本尊の十一面千手観世音菩薩に参って賽銭を納めると、御前立仏の他に白い猫の像が見えた。参拝を終えて住職の大塚純司さんと話をしていると三毛猫が現れた。 「11年前、当時飼っていた犬の散歩中に1匹の子猫に出会いました。保護した時はちょうど夕方で地平線に大きな満月が見えました。仏教で月は悟りの心 ...

2023/3/16

【猫川柳】編集部が詠むネコゴコロ・その6

猫の気持ちを想像したり、飼い主さんがついやってしまうことなどを川柳にした“猫川柳”。皆さんからの投稿に負けじと、編集部も詠みますよ〜! じんわりと 歩みを詰めて 激写する     見えずとも 視線で把握 推しの場所     壁伝い いつかは登れる 気がしてる     ごろんごろん 猫が転がりゃ 春近い     脳みそを フル回転で 分析中     「しつこい!」と 一喝されて パパしょぼん   & ...

2022/12/28

かぎしっぽな日々「ペット用見守りカメラ」

  登場人物   飼い主さん不在時の猫の様子がわかる 猫は飼い主さんが留守の間も、比較的マイペースに過ごしてくれる動物です。これも猫の飼いやすさの一つでしょうが、用事が伸びて帰宅が遅れたり、仕事で残業になったりすると、猫も寂しいですし、不安になります。その反動で大きな声で鳴いたり、ふだんしないようないたずらをしたりすることもあります。 飼い主さんにすれば「帰りたくても帰れない」という歯がゆい状況で、猫が誤食やケガをしないか心配です。できれば家に人がいないときの猫の行動を知り、猫が安全で ...

2022/12/24

不可侵条約を結んだ2匹の看板猫たち

木々の緑が広がる昭和37年創業の「大師茶屋」。こちらのお店の名物は、手打ちそばだけでなく、茶太郎君(推定17歳以上オス)としま君(推定3~4歳オス)の2匹の看板猫です。 お店の入り口の猫ハウスや店先でくつろぐ茶太郎君のファンは多く、通学中の小学生や、通勤途中に毎日会いに来るご夫婦、お客様などにナデナデしてもらうのが日課だとか。 お店で働いている土田明希さんは、家では2匹の保護猫たちと暮らしている猫好きで、「茶太郎は毎朝ご夫婦が店の前を通るのを待っているんですよ。あの方たちは、週末もわざわざ茶太郎に会いに来 ...