猫びより

この世界の片隅で、ネコ。EP:2「モップ猫、拝命す」

2018/08/07

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

「モップ猫、拝命す」

フカフカな長毛。
そしてハンサム、更に体格がいい。
まるでCMに出てくるような猫。
でも昔は野良だった。

Aさん宅の近辺を根城にして気ままに暮らしていた。

Aさんが飼い犬の散歩をする時、まるでお供の様について行き、散歩が終わるとご褒美としてご飯をもらっていた。

野良だから当然名前も無い。

道端でゴロゴロしてると、ゴミが長毛にたくさん付着するから近所の人たちから”モップ”と冗談半分に呼ばれていた。

そんな”モップ猫”に転機が訪れたのは、Aさん家の飼い犬が大往生を遂げた頃。

悲しみに暮れるAさん、それを判ってか、その傍を離れずにずっとついて励ますようにしていたモップ猫。自然と家に上がり込み、とうとうAさん家の飼い猫となった。

「名前はなにがいいかねぇ」

近所の人も含めて皆、思案す。

モップ猫、モップ猫……、まさにフカフカ……。

そうだ、“マフ”なんてどうかねぇ。

それ以来”マフ”は皆に可愛がられる存在となり、地域をパトロールするようになった。

フカフカな長毛でハンサム、まるでCMに出てくるような猫。

“マフ”が元野良だった事は秘密だよ。

text&photo/Kenta Yokoo