猫びより

この世界の片隅で、ネコ。EP:59「背番号8」

2019/03/07

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

「背番号8」

春になって突如現れた猫。

満開の桜の下、不思議そうに舞い散る花びらを見つめている。人が近づいても物怖じせず、触っても逃げない。

おそらく捨て猫だ。

何も知らない、そんな無垢な表情を浮かべて花びらを追いかける捨て猫。

幸い、桜の木の向かいに住むBさんの家で飼うことになった。

名前はハチ。

背中に”8″に似た模様がある事と、末広がりの八で幸せになってほしいから。

ところが”ハチ”は猫を被っていた。

地域の猫達に喧嘩を売りまくる……あの無垢な表情はなんだったのか。毎日傷だらけで帰ってきて日に日にボロボロになっていく。

そう、元は飼い猫、喧嘩に滅法弱い。飼い主さんもなぜ争ってばかりなのか首をひねる。

ああ、そうか。

ハチはまだ捨て猫なんだ。それを理解してBさん家という安住の地を得た彼は、ここを必死で守ろうとしているんだ……。

そして2年が経つ。

ハチは相変わらず喧嘩の日々。少し強くなったのか、前程ボロボロじゃない。幸せを願いつけられたその名前は、はたして現実のものとなったのか。

でも少なくとも彼には帰る場所があるし、もう捨て猫じゃない。

8。

背負ったその番号のように幸せを掴め。

text&photo/Keta Yokoo