この世界の片隅で、ネコ。EP:119『寝子』

寝る子はよく育つ、と言われる。これは猫にもあてはまるのだろうか。

そうならば地球上にいる全ての猫はよく育っているはずだ、というぐらい今日も眠る眠る…。平均睡眠時間、12~16時間!

寝る場所なんて選ばない、思い立ったらすぐ寝る、というのが彼らのポリシー(?)か。だからどう考えても快眠できない場所でも、つい寝てしまう。

細いフェンスの上でウトウトしてた子。振り子のように右へ左へウトっウトっ。見ていてハラハラした…。けれど最後まで落ちたりしなかった、すごいバランス力だ。

ご飯はみんなで食べたほうがおいしい、なら寝る時もみんなで…というのも彼らのポリシー(?)か。

冬はみんなでおしくらまんじゅう、寒いからね。

と思ったら真夏の日陰でくっついて寝てる事も多い。暑くないの?

いつかなんて大勢で寝ていたからムギューっと窒息しそうな子猫がいた。

「だずげでー!」

必死の形相が可笑しくて助ける前に撮ってしまった…。

他にも遊んでてそのまま寝る子、鍋やバケツ、プランターで寝る子…。「なんで?」「どうやって?」「そこで?」がありすぎて枚挙にいとまがない。

でも猫たちに言いたい、そこはなるべくやめてほしい…そう車の下やエンジンルームだ。夏は暑いから日よけが必要なのはわかるけど…危ないよ。人間も『猫バンバン』を徹底しないと。

彼らは一体どんな夢を見ているのだろう。もしかしたら夢の中でも寝ているのではないか。

まあ、いずれにせよ幸せそうだ、じゃあゆっくりおやすみ。

 
【横尾健太】Yokoo Kenta
Twitter 猫島警部 @nekojimakeibu

熊本市在住。1999年より細々と猫写真を撮り始めて今では太々と猫に浸かる。2016年熊本地震で被災、一時的に東京へ避難。その先で様々な人と猫に癒されお世話になる。「ネコまる大賞」「猫の手帖キャネット大賞」「よみうり写真大賞ファミリー部門季節賞」受賞。使用機材:通常はニコンのD800、旅先はペンタックスのKP、夏はニコンのnikon1 J5。でも機材にこだわりはありません。

プロとはそれで生活できる人だと思うので、アマです。なにもかも脇が甘い性格。写真におけるスタンスは皆無です。猫さまを見ると興奮して「あ、あ、あ」となり何も考えずにシャッター切ってます。「猫を使って金儲け」よりも「金を使って猫儲け」したいな。いろんな猫に出会いたいです。

-猫びより
-

© 2021 猫びよりプラス│ちょっとお洒落な大人のねこマガジン