猫びより

この世界の片隅で、ネコ。EP:1「招き猫失格」

2018/08/03

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

「招き猫失格」

この街の台所。

闇市から発展したその商店街は、大学にも近く活気にあふれている。その入口にある八百屋に出入りする猫がいた。

かなり情けない表情の彼は、店の招き猫……でもない感じで店をただウロウロしているだけ。

八百屋さんだから商品に手をつけるでもなく、店主さんも気に留めていない。

すぐ近くにある雑貨屋で暮らす弟は、立派な招き猫。

マスコット的存在。

人気の差が激しい。

そんな彼は自分の不甲斐なさを愚痴りたいのか、雑貨屋に来て何か話してる。

なあ弟よ、どうやったらお客さんを呼べるんだい?
俺、役立たずじゃないかな?

だけどこの兄貴、ネズミ捕りの名人。

店主さん曰く

「商品をネズミがかじるからあいつ(兄貴猫)は絶対に必要。助かってるよ」

猫にとっての仕事は招き猫だけじゃない。

そう、猫の本分はネズミ除け。

今日も相変わらず自信なさげな表情で八百屋をただうろつく兄貴。

だけどそれが仕事。

俺は何もしてないと思ってるかもしれない。

けれど何もしてない事が存在価値を否定する訳じゃないんだ。

招かない猫。
そんな稼業もある。

text&photo/Kenta Yokoo