この世界の片隅で、ネコ。EP:123『香箱』

猫の仕草で好きなものに『香箱座り』がある。いわゆる香箱である。

香箱、香る箱。なんとも風情があるというか、日本語の素敵な響きというか。

語源は他に譲るとして…知り合いの息子さんがネコの香箱を発見すると

「あっ、食パンだ!!」

とよく叫んでいたことを思い出す。言いえて妙だなぁ、と感心していた。

ところがこれを書いていてwikipediaに当たるとズバリそのもの英語圏では香箱の事を"catloaf(食パンの塊)"と呼ぶ、とあるではないか!いや、知らなかった。(皆さんご存じでしたか?)

たしかに道具としての香箱そのものは滅多に見ないが食パンならパン屋さんにある。

そうやって知ると香箱座りをしている猫が食パン一斤に見えて仕方ない。

今日も知り合い猫が食パンになって鎮座していた。

あ、明日の朝はトーストにしようと。きっとサクサクのカリカリでおいしんだろうなー。

あ、君を食べるんじゃないよ、と知り合い猫に言うと「?」と不思議そうな顔をしていた。ごめんごめん。

【横尾健太】Yokoo Kenta
Twitter 猫島警部 @nekojimakeibu

熊本市在住。1999年より細々と猫写真を撮り始めて今では太々と猫に浸かる。2016年熊本地震で被災、一時的に東京へ避難。その先で様々な人と猫に癒されお世話になる。「ネコまる大賞」「猫の手帖キャネット大賞」「よみうり写真大賞ファミリー部門季節賞」受賞。使用機材:通常はニコンのD800、旅先はペンタックスのKP、夏はニコンのnikon1 J5。でも機材にこだわりはありません。

プロとはそれで生活できる人だと思うので、アマです。なにもかも脇が甘い性格。写真におけるスタンスは皆無です。猫さまを見ると興奮して「あ、あ、あ」となり何も考えずにシャッター切ってます。「猫を使って金儲け」よりも「金を使って猫儲け」したいな。いろんな猫に出会いたいです。

-猫びより
-

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD.