猫びより

愛猫ちゅ~る物語 発表! 応募作品

2020/05/12

facebookでシェア ツイートする LINEで送る


Presented byいなばペットフード株式会社

「仲良くなるきっかけに」、「お薬を楽しく飲んでもらえるように」、「爪切りを頑張ったご褒美に♪」……など愛猫や顔なじみの猫と「CIAOちゅ~る」にまつわるエピソード&写真を毎号テーマを変えて大募集! ご応募いただいた方の中から選り抜きの作品を、猫びより公式HP「猫びよりプラス」にてご紹介。

その中から1名様を本誌『猫びより』、2名様を猫びより公式HP「猫びよりプラス」にて掲載いたします。掲載された方には賞品「CIAOちゅ~る」詰め合わせをプレゼント♪

今回の受賞作品はこちら

https://necobiyori.jp/nekobiyori/7130/

素敵な作品が多く集まったので受賞作品以外の選り抜き作品を掲載します! たくさんのご応募ありがとうございました。

 

絆を結んでくれたちゅ~る

私と愛猫杏の絆を結んでくれたのは、CIAOちゅ~るです。2019年7月、誰にでも威嚇し、警戒心の強かった杏と出会いました。そのときにご挨拶としてあげたのがちゅ~るです。ちゅ~るのおかげで、杏の食の好みと結膜炎の症状を知りました。杏は妊娠中で、娘のジルはまだお腹の中にいました。当時の杏は結膜炎の症状がひどく、瞬膜が2/3以上でていました。体も痩せ細っていたため、総合栄養食のカツオ味をあげました。

2019年10月、杏を家族として受け入れることを決意した日、私は杏にちゅ~るで猛アタックをしました。最初はお皿越しに、次は直接ではあるけどフェンス越しに、最終的には30cm程度の距離から直接あげられるようになりました。

そして今、おやつとして、時には薬を飲む時に、ちゅ~るをあげています。薬とちゅ~るのおかげで、結膜炎の症状はだいぶ和らぎました。外にいたときは杏が食べている姿を見ているだけだった娘のジルも、今では杏と一緒にちゅ~るを楽しんでいます。猫に食の楽しさを教え、投薬のサポートをし、人との絆も深めるちゅ~るは必要不可欠な存在です。
東京都 萌え袖ネコと杏ちゃん


杏はちゅ~るがきっかけでカツオの美味しさを知り、無事に出産をすることもできました。
杏(約8歳♀)


2020年1月頃、杏とジルが自宅で仲良くちゅ~るを食べている写真です。親子揃ってカツオ味が大好きになりました。杏の結膜炎は改善され、目の周りの目やになどもなくなり、白くなっています。
杏(左)、ジル(♀)

 

テディの好物

愛猫テディは未熟児で産まれた猫エイズキャリアです。小柄な子であること、猫エイズキャリアは将来ご飯が食べられなくなることがあるので病院から太らせるように言われ、よく食べさせています。あとストレスのないように生活しています。なので爪切りの時もちゅ~るを食べさせながら爪を切っています。大好物なので喜んでよく食べてくれて助かっています!
島根県 野良猫かのん(21歳)


日課のちゅ~るを食べているところ。未熟児で小さかった体もどんどん大きくなってきました!
テディ(4歳♀)


ちゅ~るが美味しすぎて荒ぶるテディ! ちゅ~るが大好きなテディはやったーと喜んで食べてくれます!

 

ご褒美にどうぞ

愛猫ヴァドスが猫風邪と結膜炎にかかり病院へ。人気の病院で待ち時間も長く、この日は2時間以上待ちました。診察も終わり車に戻ってすぐにちゅ~る。よっぽどお腹もすいて、のども渇いてたようで一気に食べてしまいました。頑張ったね、えらかったね。よっぽどおみたいで目をうるうるさせながら食べていました。
三重県 maki.eva


食べるのに夢中でちゅ~るが顔に落ちたのも気にせずに一心不乱に食べています。大好きなんだね~
ヴァドス(3歳♀)

 

愛猫の救世主

ちゅ~るなしでは爪切りと肉球のハミ毛切りはできません。愛猫ベルを抱っこして、ちゅ~るを食べさせる人と切る人の2人がかりで作業しています。本当に助かっています。ちゅ~るでしかできません!

あとは、皮膚炎で数ヶ月薬治療をしていた時も薬と混ぜて与えていました。普通のフードでは気づかれましたがちゅ~るに混ぜることで食べてくれて助かりました。感謝しきれません。今までは子猫用ですが1歳になるので、色々な種類これから楽しみです。いつも、ありがとうございます。
東京都 あーちゃん(24歳)


お膝に乗せてちゅ~るをあげて爪を切ります
ベル(1歳♀)

 

仲良くなろうよ

主人の仕事の都合で、生まれてからずっと住んでいた場所から全く違う地域へお引越し。実家では長年猫を飼っていたので、猫がいる生活が当たり前でした。転勤が決まった時、全く知らない街、全く知らない人達がいる所での不安は大きく、猫が居れば少しは気持ちに余裕が着くと思い、主人に「猫を飼いたい!」とお願いしました。

いざ猫探し。ペットショップで大金出すのもいいですが今まで気になっていた里親を探している猫を検索してみました。そしたら、偶然にも私が引っ越す先に里親を探している飼い主さんがいました。内容は、飼い主さんの病気が悪化。今まで住んでいた所を引っ越すが次の住居ではペット不可。多頭飼いをしていたそうですが、最後1匹の引き取り先が見つからない。と記載してありました。8歳と成猫であり、他の猫と相性が合わず、1匹で違う部屋で育てられたそうです。里親が見つからなかったら保健所へ渋々連れて行く予定だったみたいで、すぐに連絡をしてお迎えすることにしました。

会った瞬間、ビクビクと籠の中で震えていてあの顔は一生忘れられないくらい可哀想でした。引っ越し先の荷物も全て片付け、猫が住みやすいような環境を作りました。やはり、1日目は籠から出ずにずっと唸ってばかりでトイレにも行かず心配でした。どうしたら仲良くなれるかと思い考え、スーパーに立ち寄り半信半疑でちゅ~るを買う事に。夜、そっとちゅ~るを差し出すと最初は警戒していましたが、だんだんと良い匂いに釣られて籠から出る事に成功! 耳や尻尾が下に向いていて怖がっていましたが、なんとかちゅ~るを完食してくれました。その後、また籠に戻ってしまったのでそのままにしておいたら、だんだんとこちらに寄って来て匂いを嗅ぎ始め、スリスリとしてくれました。

それからと言うもの、ずっと私や主人ベッタリの甘えん坊になりました! ちゅ~るがなかったら、仲良くなる時間がもっと長かったかもしれません。本当、ちゅ~る様々です! ありがとうございます。
石川県 にゃん(30歳)


毎日走り回り、ご飯もしっかり食べて、ぬくぬくで気持ち良く寝ています
こなつ(11歳♀)

 

仲良くなるきっかけ

パパ猫アラン(5歳♂)と我が家で生まれた息子福(4歳♂)と娘はな(4歳♀)はずっと一緒に暮らしています。里子に出したもうひとりの息子望(4歳♂)が久しぶりに里帰り。緊張する望はみんなが近くに来るとシャーを連発。微妙な距離を空けていました。

そこで、ちゅ~るを差し出すと 今までの緊張はあっという間にどこかへ! みんなちゅ~るに夢中。おかげで距離は一気に縮まりました!
福岡県 あくあ


望君と福の間にアラン登場。パパがちゅ~るを横取り
(左から)福、アラン、望

 

初めてのおやつ

冬の始まりの頃、むぅさんは、うちにやってきました。コンビニの看板の下で鳴いているところを友人が保護、うちで引き取ることに。うちにきたその子猫に、私は、むぅさんと名付けました。むぅさんは、体重400g、生後1ヶ月半ほど。何を食べていたかも分からず、体はガリガリで、軟便と血便に頭を悩ませ、体調もよくなかったためおやつをあげることもできませんでした。

1ヶ月ほど経った頃、ようやく便の調子も良くなり、初めてのおやつをあげることに。初めてのおやつは、もちろん、ちゅ~る。お店で厳選したまぐろ味をチョイスしました。旦那が、「初めてのちゅ~る、撮影しなくていいの?」と言うので、カメラを起動。その間にも、むぅさんは、初めて見るちゅ~るから目を離しません。何か匂いが出ているのかと思うほどの食いつきぶり。中身がなくなっても、一心不乱になめ続ける。生まれて初めて食べる味に、むぅさんは大満足だったようです。
青森県 やよい(39歳)


初めてのちゅ~るに夢中
むぅ(2ヶ月♀)

 

みんな大好き

子猫も大人猫も大好きなちゅ~る。種類もたくさんあって、その子その子に合わせて普段のおやつに、仲良くなるために、ご褒美に、口内炎で食べられない子に、薬を混ぜたりと大活躍です。
 余命宣告を受けた子の食欲が無くて困っていたとき、ちゅ~るなら食べてくれたので寝たきりになった時もお湯で薄めてシリンジであげていました。虹の橋を渡るときにもちゅ~るを棺に入れてあげたので、きっと天国でも大好きなちゅ~るを食べていると思います。これからもちゅ~るとともに猫たちのお世話をしていこうと思います。
愛知県 にゃんこ


仲良くちゅ~るペロペロ
パピコ(6歳)、ネロミ(4歳)、らっこ(8歳)


子猫もちゅ~る大好き
メメ、もも(2ヶ月)

 

親孝行な猫

アビシニアンの男の子ラテはちゅ~るが大好き。君はやんちゃで激しい性格の子だったけど、おやつのちゅ~るを楽しみにしていたね。10歳を過ぎた頃からは病気がちになったけど、嫌いなお薬もちゅ~ると一緒だったら上手に飲めたね。

そんなある日。つい3日前までお水遊びして元気に見えたラテの容体が急変。もう水もご飯もとる気力が無くなってただ横たわるだけのラテ。

「ラテ、大好きだったちゅ~る、食べてみる?」すると、しんどくて横になっていたラテがちゅ~るを見て食べようとしてくれたんだ。ちゅ~るを舐めてくれたときは奇跡が起こったと思ったよ。食べてってうるさいから家族のために食べるところを見せてくれたのかな。君は本当に優しい子。親孝行な子だね。「僕、食べられるよ! みんな見てね!」それが最後のちゅ~るでした。お空に旅立って2年。君のあの日の最後の頑張り、ずっと忘れないよ。
東京都 @abicat_latte


立っちして、手で引き寄せて食べるほどちゅーるが大好き
ラテ(14歳♂)

 

便秘改善に

我が家のチャタロウは常に便秘気味の猫さん。便秘解消のため、ちゅ~るに乳酸菌を混ぜたおやつをいつもあげています。なので我が家ではちゅ~るはお皿から派です。

ご縁があり3年前にチャタロウがお皿からちゅ~るを舐める様子をちゅ~るのCMで流していただき我が家ではちゅ~るフィーバーが発生。おかげ様で便秘もいくらか改善されました。お薬を飲ませる時もちゅ~るに混ぜるとペロッと全部舐めてくれるので我が家ではちゅ~るは無くてはならないおやつです。最近尿にちょっとストラバイト結晶が出ちゃったのでちゅ~るはちょっと控えておりますが、治ったらご褒美にちゅ~るをあげたいと思う今日この頃です。
秋田県 よねっち(43歳)


ちゅ~るが出てきて歓喜の表情チャタロウ
チャタロウ(7歳♂)

 

ちゅ~るのご縁

娘の夫は猫好きなのに小太郎は大嫌い。しょっちゅう引っかいていました。それが、うちに来るたびちゅ~るを与えるようになったら、玄関でお迎え、スリスリまでするようになりました。ただしちゅ~るを食べ終わったら、さっさと隠れます。その変わり身の早さ、我が家では「ちゅ~るの切れ目が縁の切れ目」と言われています。
大阪府 おーちゃん


他のフードはすぐ飽きるのに、ちゅ~るだけは飽きない。なぜでしょう? 近頃は太ってきたので、アペティートを朝晩1本ずつ与えています
小太郎(8歳♂)

 

ごはんより好きなもの

いつも爪切りや、お風呂の後のご褒美にあげているちゅ~る。食欲が無いときでもガッツリ食べてくれるのでいつもストックしています。ごはんよりちゅ~るが大好きエレンちゃんです!
愛知県 わんにゃんハウス


ちゅ~る食べたばっかりなのにもう一本食べたくておねだりしているエレンちゃん。「全然足りにゃいにゃ、もっと食べたいにゃ~」
エレン(2歳♂)

 

食いしん坊猫に変身

ちゅ~るをあげる前は、食に対してあまり興味がなかったのですが、おねだりを覚え、今では食いしん坊の猫に変わりました。諦めずに、しつこく、おねだりする姿が可愛くって、ついあげちゃいますね。
和歌山県 sirasu(41歳)


「ちゅ~るに出会ってボクのニャン生は変わった。この世に、こんな美味しい物があるのかと」
ざぶとん星星(7歳♂)


ちゅ~るを食べる前に、お手とおかわりとおすわりをしてくれます。
東京都 ペイママ
ペイ(2歳♂)

 

ちゅ~る大好きです

先住猫のどんっは、子猫だったミルコが来てもとても優しくて面倒を見てくれるお兄さんでした。そんなどんっが初めてミルコを怒ったのはちゅ~るを食べているときでした。横にミルコが来たとき、絶対取られたくなかったみたいでボコボコに叩いて怒ったのです(笑)。全然怒った事なかったのに(笑)。それからは1本ずつあげるようにしました。
兵庫県 樹璃


美味しすぎて夢中になっていくふたり
どんっ(3歳♂)、ミルコ(2歳♂)

 

お留守番ありがとう

あずきが我が家に来てから9ヶ月。ひとりでお留守番をするあずきに、ごほうびとして毎朝パパにちゅ~るを1本貰います。毎日貰うので、あずきはちゅ~るがある場所も分かります。開けている音が聞こえるとCM通りにまっしぐらで寄ってきます。
福島県 あずきママ


あずき(1歳♀)

 

ちゅ~るの筒

エキゾチックロングヘアのうにえもんは、にゃんとは鳴かずにいつもぷひーぷひーと鼻を鳴らします。お腹が空いたときだけ「おか~ん」と鳴きます。ちゅ~るのオマケでもらったカサカサの筒。中を通り抜けたりして遊びたいのに、体型の問題でぴったりハマって恵方巻き状態になっちゃいます。
東京都 匿名希望


うにえもん(3歳♂

 

あっというまに下克上

12歳の先住猫は11歳の息子を弟扱い。息子がどうしても「子分が欲しい」と言うので保護猫ピンを迎えました。しかし今ではピンからも上から目線で舐められています。我が家で1番幅を利かせているピン。ちゅ~るも独り占めしようとするので大変です!(笑)。
東京都 五十嵐正俊(48歳)


ピン(1歳♀)

 

一石二鳥のアイテム

ちゅ~るは、マリーにとって大好きなおやつなので、1日1本、コミュニケーションを取るために与えています。食欲が無いときは、エナジーちゅ~るをあげたり、夏の暑いときは水分補給も兼ねて摂取できて一石二鳥なので愛用しています。
千葉県 ike2910


美味しすぎてイカ耳! 思わず手が出ます
マリー(6歳♀)

 

魔法のアイテム

ハンデのある保護猫たちを育てています。お薬を服用することも度々あるのですが、すばしっこくて捕まらないときは魔法のちゅ~る。スグに捕まります。いやな治療もちゅ~るがあれば頑張れるんです。
富山県 るー


大好きなちゅーるがあれば足が痛いのも我慢できるにゃん

 

策士現る

愛猫うめはほとんどの時間を外遊びに費やし、家になかなか帰って来ません。夜、帰ってきたときにちゅ~るをあげたところ、今度は「帰ると美味しいのがもらる!」と思ったのか、頻繁に出入りするようになりました。その度にちゅ~るの催促をします。今では1日の限度を守るのに大変です。
福島県 トラのハナ


うめ(7ヶ月♀)

 

待ちきれない

シャンプーの後にご褒美としてちゅ~るをあげています。シャンプーが終わり、タオルドライをすると「ちゅーるもらえるよね? ね?」と台所に向かって行きます。毛づくろいよりもまずちゅーる!
北海道 クー子


50個パックにちゅ~るスプーンがついていたのでいざ活用♪ しかしスプーン部分にちゅ~るが落ちる前にすくって飲んでしまうのでスプーンの意味なしに……
くぅ(8歳♀)

 

ちゅ~るは健康のバロメーター

約4ヶ月前にうちの子になったくろちゃん。当時、毎日うちの庭に遊びに来ては元気に走り回っていたのですが、ある日庭に置いていた段ボール箱の中に入って寝ていました。「なにか様子がおかしいな?」と思いカリカリを与えてみるも食べない。「こんなときはちゅ~るだ!」と思い与えてみても食べない。

「ちゅ~るを食べないなんて事はないのに」と思い、慌てて動物病院に行き診察をしてもらいました。検査の結果は「白血病」。しかもすでに発症しているので予後がよくない状態。このまま野良猫生活だと余命2週間と言われ、考える間もなく即うちの子にしました。

それから毎日薬(錠剤)の投与が始まりましたが、ちゅ~るに薬を混ぜれば全く気付かれずに投与できます。ちゅ~るのおかげで、毎日の投薬が全く苦になりません。

そして毎日ちゅ~るを食べるのを楽しみに待っている姿がかわいくてたまりません。
大分県 マッキー(51歳)


ちゅ~る&薬を飲んだあと、庭でのお散歩の一コマです。リードをつけて家の庭の木に登るのが毎日の日課です。薬のおかげで、庭を走り回って木にも登れるようになりました。
くろちゃん(3歳♂)


ちゅ~るのスプーンを使って、ちゅ~るの中に薬を入れて毎回の投薬をしています。全く気付いていません(^^;) 毎朝ちゅ~るを食べるのを楽しみに待っている姿がとてもかわいいです。

 

〈募集要項〉
みなさんの“猫”と“CIAOちゅ~る”のエピソードを教えてください。次号(7月号)のテーマは「水分補給」。文字数は400字以内。エッセイに登場する猫の写真も必ずお送りください。写真は3枚まで。 応募方法 エッセイと写真に、氏名(ペンネーム)、年齢、性別、住所、電話番号、猫の名前・年齢・性別をお書きの上ご応募ください。

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-14 辰巳ビル2F 辰巳出版株式会社猫びより編集部「愛猫CIAOちゅ~る物語」係

▼HPからも応募できます▼

〈お知らせ〉
★第2回「愛猫ちゅ~る物語」の応募締切は5月10日(日)23:59
★本誌受賞者は6月12日(金)発売の『猫びより7月号』にて掲載
★WEB受賞者は7月12日(日)に公式HP「猫びよりプラス」にて掲載