猫びより

この世界の片隅で、ネコ。EP:17「キューピッド」

2018/09/28

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

「キューピッド」

ハートの模様がある素敵な雌猫が居る。

その名もハートちゃん。

ハートの柄だけじゃなく美猫。華奢な体、そして性格はおとなしめでどこか大和撫子を思い浮かばせる。

そんなハートちゃんのハートを射止めた猫は…

いまだにいない。

猫にも人間にもガードが固く、なかなか心を開いてくれない。

過去に何かあったのかな。

こんな噂を聞いた。

ハートちゃんは幼い頃、その性格ゆえにいじめられっ子だったらしい。

友達もいなくて一匹でよく佇んでいたそう。

しばらくたって。

シャムネコのような雌猫がハートちゃんに近づこうと頑張っていた。

はじめは拒絶したハートちゃんも雌同士だからだろうか、いつのまにか距離が縮まっていった。

友達が一人できると連鎖的に増えていくもので雄のクロネコとも友達になったみたいだ。

ハートちゃんはひとりじゃなくなった。

そしてなんと!

シャムネコもどきとクロネコは恋に堕ち、幸せな家庭を築いた。

ハートちゃんはまるで恋のキューピッド。

そのハート模様のように。

そしてしばらく時を経て。遂にハートちゃんにも3匹の子供が出来た。射止めた幸せな旦那は誰だろうか。

子猫たちはたっぷり愛情を注がれて日に日に成長していく。

ハート柄の子は…残念ながらいない。

時は経ち。

立派に大きくなった子猫たち。なにかそれを見届けるようにハートちゃんは突然、虹の橋を渡ってしまった。

早すぎる死。

奇跡のハート模様は天使の証か。きっと神様の使いだったんだ。

だからそろそろ戻っておいで、と…。

ハートの模様は受け継がれないけどハート(心)は子供たちに受け継がれる。

やがて子供たちも恋のキューピッドになるのかな。

text&Photo/Kenta Yokoo