里山の子、さっちゃん EP:3「迷い犬だったハッピー」

ダムの犬猫たちのやさしいお母さんはふたり。麻里子ママと、気のいい雑種犬のハッピー母さんです。

「ハッピー!」

そう呼びたくて、ここに迎え入れた迷い犬に、麻里子ママはその名を付けました。

毎日、里山に響き渡るようにその名を呼んだら、さぞ気持ちがいいだろうと思ったから。

ハッピーがダムにやってきたのは、10年前。

捨てられたのか、迷って家に帰れなくなったのか。ある日、近くの保育園にお腹を空かせてやってきて、居候に。

2ヵ月たっても里親は見つからず、見かねた麻里子さん夫妻に引き取られました。

その半年後、さっちゃんがやってきました。

床をはいずる子猫にハッピーは大いに関心を示し、「食べちゃうのでは」と、麻里子ママをハラハラさせました。

でも、ふと気づくと、ハッピーはかいがいしく、サチの世話を焼いていたのでした。

サチにやさしく寄り添い、マッサージ。耳の後ろから頭のてっぺん、背中まで。サチが毛づくろいできない部位がよくわかっているのです。

ハッピーは、新入りの「サラ」という長毛の雑種犬のことも、わが子のようにかわいがりましたが、マナとカナ兄妹を出産してからは、子育てに没頭。サラを遠ざけてしまいました。

マナとカナが大きくなって親離れしてしまうと、ありあまる母性愛をふたたびさっちゃんに降り注ぎます。

もう気になって気になって。

「サチや、アタシがそばにいるから安心してぐっすりお休み」

「サチや、どこかかゆいとこはないかい?母さんが歯でカミカミしてあげるよ」

ハッピー母さんのサチに対する愛情はよだれとなってしたたり落ちるほど。

マッサージを始めるとべちょべちょになるまで止まらず、麻里子ママから「ストップ」がかかります。

ハッピー、サラ、マナカナ兄妹に続き、ダムに犬がやってきました。

アパートでこっそり飼われていた兄弟の子犬が、だんだん大きくなってきて、大家さんに見つかりそうになったため、緊急避難であずかってそのままになってしまった「タロウ」と「ジロウ」。

牛の見張りのために、農家で1年もつながれっぱなしだったのを、長平パパが見るに見かねてもらい受けてきた「サブ」。

愛情豊かで人畜無害そのもののハッピーは犬猫みんなから一目置かれ、慕われ、団欒の中心です。

カフェは「花はなの里」というオートキャンプ場と同じ敷地内にあります。

長平パパの生まれ育った里山の棚田を利用した、夫婦手作りのキャンプ施設とカフェです。

キャンプ場からカフェのある母屋を眺める仲良し2匹。

ハッピーは、なじみ客を見つけると、カフェにかけ戻ります。何かもらえるかな。

それでも、さっちゃんが気になって、ドアのそばでそっと待ち受けます。

「おかえり」。

花はなの里はぐるりと山に囲まれています。山裾の小道が、猫たちの探検場。お天気の日は、連れだって、遠足に出かけます。

楽しそうな一行にこっそりついてきたハッピー。

「あっ、ハッピー母さんがついてきた」と、見つかってしましました。

木登りに参加できずにハッピーは、ちょっと残念そう。

母屋にくっついて建っているトタン屋根の小屋は、さっちゃんたちの住む猫小屋です。増えていく猫たちのために、長平パパが作ったもので、サンルームもついています。

そりの合う猫同士が夜はここで眠ります。

ハッピーやサラ、そして、ココやイチローといった徒党を組むのが嫌いな先輩猫はカフェの店内で夜を過ごします。

雨が続いて、外に出られなかった後、お天気になった日は、さあ、大変。猫小屋の前の広い原っぱは、まるで運動会。はしゃぐ猫たちに、ハッピーもちゃんと混じっています。

お腹を空かせて放浪していた犬は、こんなに「ハッピー」という名の似合う犬になり、ダムを訪れる人たちをみな笑顔にしています。

ひもじかったころの記憶からか、とても食いしん坊で、猫の餌をしょっちゅう盗み食いして、こんな体型になってしまいました。

ハッピー、太りすぎ!

里山の子、さっちゃん
佐竹茉莉子・著

定価:1320円(税込)
単行本(ソフトカバー)
amazonで購入

写真と文:佐竹茉莉子

※犬猫たちの顔ぶれは、本書発行の2017年当時のものです。カフェは現在休業中。

 

-コラム
-

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD.