初めて猫を飼うための準備をしよう!最低限揃えておきたいトイレ・食器・ケージなど

初めて猫を迎える人は、まず何をそろえたらいいか迷うもの。もちろんすべてそろっているとベストですが、事前に「最低限そろえておきたいもの」、「ゆっくりでも間に合うもの」、「あると便利なもの」、「非常時にあると安心なもの」と優先順位を付けてカテゴライズしておくと「あれもこれも」と慌てずに済みます。

猫を迎えるためにすぐに必要なもの

フードやトイレ、最低限の身の回り品は猫を引き取る当日までに用意しておきましょう。

フード


年齢に見合ったキャットフード。今まで食べていた銘柄が分かれば同じものを用意すると安心。

食器


フード用と水用の2種類を用意。こぼれにくく安定感のあるものがよい。特に水は何ヶ所かに置いていつでも飲めるようにしておく。

トイレ


猫のサイズに見合った大きさのトイレトレイを用意。頭数+1 個が理想。固まった砂や便を取り除くスコップも忘れずに。箱型・ドーム型などタイプもさまざま。

トイレ砂


トイレトレイに入れて使用。鉱物系のほか、紙や木材などさまざまな種類がある。

ケージ


新しい環境に慣らす時、病気療養時など猫を隔離したい時に役立つ。万が一災害時に避難所に出向く際もケージがあれば安心。普段から猫の個室として、ベッドなどを入れて部屋に出しておくと隔離する際に警戒されない。

ベッド


安心してくつろげる専用の寝床を用意。段ボール箱などにタオルなどを敷いて作ってもOK。

キャリーケース


猫を引き取る際や、何かあった時にすぐ病院へ行けるようにあらかじめ準備しておく。布製のバッグやリュックタイプ、プラスチック製やカートタイプなど種類もさまざま。大きくなっても使えるサイズで底が安定したものをチョイス。

首輪&迷子札


もしも脱走してしまった場合に、飼い猫の目印になるのと、迷子札に連絡先を書いておけば保護時に手がかりとなる。首輪は引っかかって抜けなくなる事故を防ぐために、強い力がかかるとはずれる安全バックルがオススメ。

マイクロチップ


万が一首輪が外れてしまった場合に頼りになるのが、日本でも徐々に普及しつつあるマイクロチップ。個体認識番号が入力された直径2㎜、長さ約8~12㎜の円筒形の電子標識器具を首元(皮下)に埋め込むもの。過度の負担や痛みもなく、ほとんどの動物病院や保健所などに専用リーダーが配備されているため、猫と飼い主をつなぐ最後の手がかりになる。迷子札とダブルで付けておくと安心。

愛用品を引き継ぐ


猫は環境の変化にストレスを感じやすいので、自分のニオイが付いたグッズがあれば安心しやすい。もしそれまで使用していたトイレやベッド、おもちゃなどの愛用品があれば、引き継ぐのがよい。また、フードや猫砂なども最初のうちは銘柄を変えない方がベター。

ゆっくりそろえて間に合うグッズ

おもちゃやお手入れグッズなども、徐々にそろえていこう。

おもちゃ


おもちゃは猫にとってストレス発散や運動不足解消に必要なアイテム。特に遊び盛りの子猫にとってはおもちゃで狩りの疑似体験ができて学習面でも大切。

爪とぎ


爪をとぐのは猫の本能。家具で爪とぎされないためにも専用のものを用意する。タイプも置き型やポール型、材質も段ボール、麻、木などさまざま。

お手入れグッズ


爪切りやグルーミンググッズなど、お手入れも小さい頃から慣らしておくと互いにストレスなくできる。グルーミングブラシは短毛・長毛によって使い分けて。

キャットタワー


上下運動を好む猫にとってキャットタワーは最適な遊び場。柱が爪とぎになっているものもあるのでスペースが限られた家では重宝する。

季節のアイテム


猫用こたつやひんやりするアルミマットなど、季節に応じて快適に過ごせるグッズ。エアコンが苦手な猫でも、家の中で心地よい場所を選ぶことができる。

リード・ハーネス


外出時、通院時の脱走防止や、災害時の避難の際にもあると役立つ。小さい頃から着脱に慣らしておくとよい。

あると便利なグッズ

室内で猫と快適に過ごすために、お掃除グッズや空気清浄器などは、あると便利なアイテム。

洗濯ネット


どうしても通院時などにパニックになる猫は、ネットに入れた状態でキャリーケースに入れていくと万が一の脱走を防げる上、診察もスムーズに。

除菌・消臭スプレー


食べこぼしや嘔吐、トイレ周りの掃除などにあると便利。猫は中毒を起こしやすいため、舐めても安心な成分のものを選ぶこと。

ペット用ウェットティッシュ


ノンアルコールのペット用除菌ティッシュ。口回りや耳などのお手入れの際や、ちょっとした汚れが気になる時にあると便利。

コロコロクリーナー


猫ベッドの周辺や、ソファなどの布製家具、衣服などに付いた抜け毛を取るのに便利。

空気清浄機


猫の体臭はきつくないものの、マンションや締め切った部屋など、特に気密性の高い部屋で飼う場合にはトイレ臭などがこもりがちに。空気清浄器があると猫も快適。

あると安心なグッズ

万が一の災害時に備えて、すぐに持ち出せる猫用の避難グッズをそろえておくといざという時も慌てずに済む。

はじめての猫との暮らし方
猫びより編集部・編

定価:1200円+税
単行本(ソフトカバー)
amazonで購入

監修:南部美香
文・高橋美樹 イラスト・おかやまたかとし

-はじめての猫, 飼育

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD.