猫びより

「寄りそう猫」寄り添い合ってしあわせになる人と猫の心温まる17の実話を収録

2019/07/11

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

猫のドラマの後ろには
寄りそう人のドラマもある――。
心温まる17の実話を収録
『寄りそう猫』7月11日(木)発売!

寄りそう猫

収録されているエピソードの一部をご紹介

episode 15 陸くんの贈り物
裕子さんが「陸くん」を3匹目として迎えた理由は、険悪な仲の2匹の猫の間を、その天真爛漫さから、取りもってくれるのではないかと期待したため。その期待どおり、徐々に仲よくなっていく3匹。夢の猫団子が見られるかもと希望が見えた矢先、「陸くん」は病気を発症してしまう……。

episode 1 ノネコがやってきた!
ノネコとは、森や山の中で人間に接することなく自活する「野生ネコ」のことだ。
鹿児島県の奄美大島では、希少種アマミノクロウサギを捕食するノネコを駆除する計画がスタートされ、捕獲されたノネコはノネコセンターに収容されるようになった。収容されたノネコは、引き取り手がなければ、1週間後に殺処分されることに。

ノネコとして捕獲されたが、「あまみのねこ ひっこし応援団」団長の獣医モコ先生に引き出されて、東京に連れてこられた「ゆわんくん」と「ゆずきくん」。

はたして、野生ネコだった2匹はすんなり都会の家猫になれたのだろうか……。

episode 5 忘れ形見
猫は触れないほど苦手だった、のりえさん。だが、夫は寄るべない猫を見つけると、見過ごすことがどうしてもできない人だった。増え続ける猫。そんななか、夫が50代半ばの若さで末期がんに。亡くなる前、のりえさんと自立した子どもたちを集めて、夫は願いを伝えた。「猫たちは1匹も手離さないでほしい」と。そして、夫は16匹の猫以外は何も遺さず、この世を去ってしまった。

あれから3年。のりえさんと猫たちの生活は……。

猫が運んできた小さな奇跡と大きなシアワセとは……!?

猫が運んできた小さな奇跡と大きなシアワセとは……!?

人と猫、猫と猫、犬と猫、そして、人と人。寄りそいあえば、たしかなシアワセがそこにある。

●目次
episode 1 ノネコがやってきた
episode 2 母さんは、犬
episode 3 1+2で、3兄弟
episode 4 拾った子猫は、おばあちゃん
episode 5 忘れ形見
episode 6 あたらしい家族
episode 7 家族のように
episode 8 自由に生きればいいんだよ
episode 9 マリちゃんの「女の一生」
episode 10 ボクは、新入り教育係
episode 11 よれよれの猫
episode 12 ねぎ様はいい女
episode 13 虐待から救われて
episode 14 被災地から来た子
episode 15 陸くんの贈り物
episode 16 里山の仲間たち
episode 17 猫のいるしあわせ

●著者
佐竹茉莉子
フリーランスのライター・写真家。路地や漁村、取材先の町々で出会った猫たちのしたたかでけなげな物語を写真と文章で伝えるべく、小さな写真展を各地で開催中。生まれた時からいつもそばに猫がいた。なじみの猫は数しれず。
著書に『しあわせになった猫 しあわせをくれた猫』『里山の子、さっちゃん』『猫だって……。』(いずれも辰巳出版・刊)

道ばた猫日記
http://www.nekobu.com/blog/diary/

猫のいる風景
http://sippo.asahi.com/feature/?key=11011734

寄りそう猫

『寄りそう猫』しあわせは猫の隣り 心温まる17の実話
佐竹茉莉子:著

A5判・144ページ・オールカラー・平綴じ・右開き
7月11日(木)発売
定価 1,296円(本体1,200円)

◎ご購入はこちらから