猫びより

「猫がよろこぶ暮らしのアイディア」ごはんの時間編

2018/11/13

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

ごはんの時間のアイディア

4匹のうち、食べることに貪欲なのが、キキとウズラ。

料理をしていると食材に手を出すので、「ダメでしょ」と教えていたら、ずいぶんわかってくれるようになりました。

食器洗いのときも、横で見ています。

水が出ているのが楽しいようで、よく「お水飲みたい」と言ってきます。

チョイチョイと水に手を出してくることもあってかわいいです。私が何をしているのか、観察しているようです。

ごはんの時間1
ウェットフードにはシリコン製ジャムスプーンが便利

ウェットフードにはシリコン製のジャムスプーンが便利。平たいスプーンで奥までかき出しやすく、シリコンの柔らかさも使いやすくていいんです。

無印良品で「ジャムがすくいやすく、塗りやすい」と評判というだけあって、パッケージの内側にくっついたフードをくまなく出せるのでおすすめ。持ち手の部分も長いので指が汚れにくく、スプーンの先の細さもちょうどいい!

ごはんの時間2
無印良品のアクリル棚を猫ごはん台に

猫のごはん皿やお水は、床に直置きより、高さのある台に乗せたほうが、猫にとっても食べやすいそう。ホコリや猫毛も入りにくくなるので、衛生的にもおすすめです。


無印良品のアクリル仕切棚は高さ約10㎝、横幅約26㎝、奥行き約17.5㎝。直径12.5㎝の皿2枚が並べられ、透明なので床に置いても見た目すっきり。インテリアの邪魔にもなりません。


↑お皿の下にはすべり止めシート

キキとウズラは食いしん坊でがっつくので、お皿がズレて落ちそうに……。市販のすべり止めシートを敷いたら、バツグンの安定感となりました。

絶賛発売中!
猫がよろこぶ掃除&片づけ
猫がよろこぶ掃除・片づけ
ヤノ ミサエ 著
◎ご購入はこちらから


猫がよろこぶインテリア
ヤノ ミサエ 著
◎ご購入はこちらから