猫びより

魅力的なネコ系女子になるために[恋のはじまり編②]

2018/07/30

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

どんなに「出会いがない」と嘆く人でも、ネコのように目を見開いて周りを見回せば出会いは日常的にあります。

出会いを恋につなげるには、積極的なアプローチが大事。消極的な人も、出会いの場面だけは積極的に行動するクセをつけていれば、いざ、「この人かも!?」と思った時にスピーディーに行動し、結果を収めることができます。

エサ場はいくつか持っておく。

つまづいても別の場所でかわいがってもらう。

ネコは、複数の場所でエサをもらうことの多い動物です。危機管理として複数のエサ場をキープしているのです。

ノラネコは言わずもがな、飼いネコであっても家を抜け出し、わざわざ飼い主とは別の人にエサをもらいに行く子もいるほど。もしも一つの場所を失っても大丈夫なように、他のエサ場を確保しているのです。

でも、ネコは決して居心地の悪い場所には寄り付こうとはしません。恋愛においても同じです。気乗りしない活動にこだわる必要はナシ。ネコのように軽やかに、やりたいことだけをやって楽しむこと。それが一番の近道です。


©Masayuki Oki

フットワークは軽く
無理をせず楽しく
あなたらしく恋をはじめよう。

がんばって出会いの機会を作っているのになかなか成果が出ないという人には、ある共通点があるように思います。

それは、一つの方法にこだわっているということ。活動に一生懸命になるあまり、婚活サイトなら婚活サイト、合コンなら合コンなどと、知らず知らずのうちに出会い方を限定していませんか? 出会いの可能性を広げたいのなら、これは逆効果となります。

ネコは大抵、エサをもらう場所を複数持っているものです。

これは、恋愛においても大切なこと。幸いなことに、今はSNSや習い事など、出会いの機会を得ることはそう難しくありません。

たとえば5つの場でトライしてみたら、一つひとつは成功率20%でも、全部合わせれば格段に上がります。「そう簡単に?」と思うかもしれませんが、見込みのない一つの場所を血眼で漁って疲れ果てるよりは、間違いなく出会いの確率は上がるはず。

ただ一点、その時注意しなければいけないのは、決して無理をしないということ。大勢の人と話すのが苦手なのに婚活パーティーに行っても疲れるだけで成果なし。自己嫌悪に陥って悪循環に……という結果にもなりかねません。

お相手を見つけて人生を充実させるため、幸せになるための活動で、自分が病んでしまっては元も子もありません。大事なのは、その場所にいること自体、居心地が良いと思えること。ネコが渡り歩くのも、自分が心地良い場所限定。なにか違うなと感じたら、さっさとそこを離れて次へ行くのです。

あなたも楽しんで出会いの場を作れば、きっと負荷なく習慣化することができるはず。もともと「お酒が好き」だったらワイン会など、趣味の延長にある活動なら理想的です。そしてどんな活動もネコのようにあくまでマイペースに、やりたいようにやりましょう。これが鉄則なのです。

居心地の悪い所で必死になっているあなたより、自然体に近い姿で楽しんでいるあなたのほうが、男性から見てもきっと輝いているはずです。

 

 

そんなネコ系女子になるための今日からでも実践できるテクニックがつまった一冊がこちら

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい。
[監修] 沖川東横
[写真] 沖昌之
ご購入はコチラから