猫びより

魅力的なネコ系女子になるために[トラブルもチャンスに変える編③]

2018/10/13

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

ケンカをしても根に持たない。

その日のケンカは、その日のうちに解決。

ネコは集団行動が苦手と思われがちですが、複数で暮らすネコを見ていると、互いに寄り添ったり毛づくろいしあったりと、友好的なのがわかります。相手との距離感を大切にしているのです。

とはいえ、縄張り意識の強いオスや、プライベートスペースを守りたいネコは、侵入者に容赦なく一撃をお見舞いすることも。

しかし勝敗がついたら後腐れしないのがネコのいいところ。ケロッと機嫌を直し、「ゴメンネ」と体を舐めあって“和解”することも。

もし彼とささいなことでケンカになってしまったら、ネコのようにその場ですぐ仲直りをして、恋愛の糧にしましょう。

「仲直り上手」になれば
ケンカはいいもの。
怖くありません。

ケンカは必ずしも悪いものではありません。普段は出せなかった本音を言い合えるいい機会だし、互いの甘えを是正する効果があります。

しかし、ケンカから関係を壊し、別れてしまうカップルが多いのもまた事実。ケンカを乗り越え、いい関係を継続していくにはどうすればいいのでしょうか。

その答えはただ一つ、

「ケンカの最中に仲直りをすること」です。

ケンカでできたわだかまりは、時間を空けると取り返しがつかなくなってしまいます。
ケンカで別れてしまうカップルは「仲直り下手」。まかれてしまったケンカの種は、放っておくと増殖し、いずれ爆発してしまいます。

だから大事なのは「その場で仲直りをすること」。

何日も時間を置いていたら、修復は至難の業です。

見習うべきは、仲間内の小競り合いも短期決着&すぐに仲直りをするネコの姿。その場でクールダウン・その場で謝罪・その場で仲直りが大切なルールなのです。

仲直りの基本ルールは「1時間以内」。ケンカの最中は、お互いにヒートアップして冷静になれません。相手の顔を見ているだけで文句が溢れ出します。だから、そうなったなと感じたら、どちらかがその場を離れるのです。離れるといっても、完全に遠くへ行ってしまっては修復は難しくなります。「相手を視界の中に入れながら」、少しだけ離れるのです。

ここでやってはいけないのが「とりあえず」謝ってしまうこと。うわべだけの謝罪は、相手に必ず見抜かれてしまいます。「俺にも謝れということか?」と逆上させてしまったり、あるいは「こいつ何にもわかってないな」と見限られてしまったりします。だから、謝罪は自身のクールダウンをしっかり済ませてから。これが仲直りをスムーズに運ぶ鉄則。その間に彼が謝ってきたら、さらっと許してあげましょう。

この「1時間ルール」を守りわだかまりを翌日へ持ち越さないようにできれば、ケンカは恐れることはありません。それどころか、仲直りの度に絆ができるはずです。

 

そんなネコ系女子になるための今日からでも実践できるテクニックがつまった一冊がこちら

好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい。
[監修] 沖川東横
[写真] 沖昌之
ご購入はコチラから