114
114
previous arrow
next arrow

芳澤ルミ子のぶらにゃんこ 第7回

海風は湘南の味

鎌倉市材木座海岸

いざ鎌倉!

今日は、本誌99号で彗星の如く現れ表紙を飾り、NHK「岩合光昭の世界ネコ歩き 鎌倉」で全国的に有名になった「スター猫★キイロ」に逢いに行きます。

はやる気持ちを抑えながら鎌倉の閑静な住宅街を抜け、目指すは材木座海岸です。かつて夏目漱石が滞在し、名作『こころ』の舞台となったことでも知られる、落ち着いた雰囲気の材木座の浜。到着すると、スターオーラを放つキイロをすぐに見つけることができました。ずっと会いたかった!

「ムラキボート」の看板が目印。貸釣りボートやって〼

連日、遙か遠方からもファンが会いに来ると聞いていましたが、キイロは傲慢な態度をみせることなくニャッ、と挨拶してくれます。カメラを向けても嫌な顔ひとつ見せず、魅力的な姿を撮影させてくれるので感激もひとしお。器の大きさを見せつけられました。

キイロは、絶対の信頼を寄せる漁師・村木昇さん(45歳)の漁師小屋の床下で生まれました。正真正銘の湘南ボーイです。愛情を一身に受けてわんぱくに育ち、遊びに狩りに夢中な日々。歌いながら散歩から帰ってくる朗らかな性格ですが、怖いもの知らずの性格は少々困りもの。車の怖さを教えるのは一苦労でした。

村木さんに抱っこされてご満悦のキイロ

漢らしく、喧嘩が強いキイロはあっという間に広大な区域の縄張りを持つボスとして君臨しました。現在は落ち着いて、ケンカをして帰ってくることもなくなったようですが、夜のパトロールは欠かさず、朝帰りもしばしば……?

今年7月の初め、ひどい雨の日に、一匹の若いオス猫が迷い込んできました。すると、自分を産んだお母さんをここから追い出した過去がある、縄張り意識の強いキイロが……。

「俺の子分になるか?」

なんと、その若いオス猫を受け入れたのです。その日からコブンと呼ばれ、兄弟盃ならぬ、キイロとごはん皿を交わす仲に。未だちょっぴりビビりなコブンに、特等席である漁師小屋入口のソファースペースまで譲ったのです。キイロに父性が芽生えた!?

やんちゃ顔のニューフェイス

キイロ親分に舐めてもらって、コブン恐縮です

村木さんのパートナーであるさと子さんに身を任せてベッタリ甘えるコブン。キイロ親分に恐縮しながらも、着々とファンを獲得中です。最強に可愛いコンビ誕生! 晴れた日にまた会いに行こう。

「優しいさと子さんはオイラのものだ!」

釣り人から白キスのプレゼント。鮮度抜群にゃ

 
ムラキボート
神奈川県鎌倉市材木座海岸
TEL 090-4126-4741
営業時間/6:00~15:00 定休日/不定休
Twitter:@chokichimaru
Instagram:801bento

右に江の島、左に臨むのは憧れの逗子マリーナ

芳澤 ルミ子
カメラマン。1972年生まれ。独学で写真を学び猫撮影を中心に活躍。猫の自然な姿と個性を捉えた写真を得意とする。著書に『ネコの裏側』(辰巳出版)、『にゃんたま』『開運酒場』(自由国民社)。『開運! にゃんたまカレンダー2022』が好評発売中。

-猫びより
-

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD.