nekobiyori_202209
24560359_m のコピーkopii
previous arrow
next arrow

猫だって……「愛されたら愛され顔になる」

ゆめくんは、ニンゲンが大好きなおっとりやんちゃ猫。愛され顔のヒミツは、6人のママが降り注いでくれた愛情にあるようです。

「ゆめって、ほんとに愛され顔だね〜」

ボク、いつもそう言われるんだ。おうちのママからも、ボクに会いにくるママたちからも。

そう、ボクには、産んでくれたママのほかに、人間のママが6人もいるの。拾ってくれた、さとママ。交替で育ててくれた、4人のママ。ボクをおうちの子にしてくれた、ゆうこママ。

みんなで「ゆめ坊、すくすく大きくなあれ」って育ててくれたの。

ボクの左目、仔猫の時にウイルスが入ったせいでちょっと膜がかかってるの。だから、何かをよく見ようとすると、首がかしぐの。その様子がまたかわいいんだって。

photo:AZUMI

ボクを産んだママはノラだったんだ。真夏の大雨の時、生まれて間もないボクをくわえて避難したのが、農家のビニールハウスの中。ボクを濡れないとこに置くと、土砂降りの中を食べ物を探しに出て行った。

そして、それきり帰ってこなかった。

ボクは、「ママあ、ママあ」って、三日三晩泣き続けた。その声を聞きつけたのが、農家に野菜を買いに来てた、さとママだったの。

「親猫は通りで車にはねられてた。仔猫はずっと鳴いてるけど、小さすぎて助からないよ」

農家の人たちはそう言ったけど、さとママには見捨てることができなかったんだって。

「生きたい! 生きたい!」って、ボクが泣いてるように聞こえたって。

さとママは家で猫を飼うことができなかったから、携帯であずママに相談したの。あずママも、猫を飼えなくて、るいママに相談。

「みんないっぱいいっぱいだけど、持ち回りなら何とかなる。とにかく力を合わせて育てよう」って、すぐ決まったの。

あずママのおうちで体を温めてもらい、シリンジでミルクも飲ませてもらったよ。それから、病院へ連れてかれた。栄養失調と低体温で、ぎりぎりの命だったって。両目失明になるかも、って言われたんだ。

あとふたりのママも加わって、交替で、ボクの通院とお世話が始まったよ。拾われた時は不安でいっぱいだったけど、どのママもやさしくて、ボクは安心しきって甘えた。

「どんどんかわいくなるね」って、ボクを囲んで、ママたちはニコニコしてた。

ボクの右目は回復したけど、左目は、いつまでもぐしゅぐしゅしてたの。「里親探しは難しいかもね」ってみんなで話し合ってた時に、ゆうこママが遊びに来たんだ。

ゆうこママは犬派で、猫を飼ったことがなかったの。でもボクを見てたら「猫もかわいいな」って心が動いたんだって。高校生だった下のお兄ちゃんも「このまま目が見えなくたって、この子をうちの子にしよう」って言ってくれたの。

ゆうこママのうちの子になったボクは、バリバリの犬派だったパパも猫アレルギーの上のお兄ちゃんも、たちまち陥落させちゃったよ。パパは会社に出かける時、きまって「じゃあね、ゆめ、行ってくるよ」って言うんだ。

あれから、2年。ボクんちには、いつの間にか保護猫が増えてる。雨の日に捨てられてビルのすき間で泣いてた「ひめ」。スーパーの前でパパに保護された「あき」。

パパは出かける時、「じゃあね、ゆめ、行ってくるよ。ひめ、行ってくるよ。あき、行ってくるよ〜」って必ず声をかけるの。探してまで。

ママたちは、しょっちゅう集まっては、こんなこと言い合ってるんだ。

「ゆめみたいに愛らしい子っている?」

「ひめも、あきもよ。みんな、保護したての時はショボくれ顔だったのに」

「やっぱり猫って、愛されたら、安心して、愛され顔になっていくんだね〜」

 

猫だって……。
佐竹茉莉子・著

定価:1320円(税込)
単行本(ソフトカバー)
amazonで購入

※このエピソードは、本が発行された2018年当時のものです

写真と文:佐竹茉莉子

-コラム
-

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD.