ネコのとなりに

2021/7/5

ネコのとなりに [第10回] 心と模様

ネコは身近な動物で、ヒトの社会の中で暮らしています。そのため野生動物とは異なり周囲の環境も含め、ヒトがいてネコは生きていけると思うのです。ヒトとヒトの間に繋がるいのち。今を生きる友達として向き合いながら、街の中にネコのいる風景が時代は変わってもあり続けてほしいと願うばかりです。 写真・文・イラスト平井佑之介 白黒の模様は緑や町中で目立つ。さらには尻尾の先が豆電球をつけているように白いものだから、余計に印象的だ。オスネコはその白黒のツートーン模様から〝ツートン〟と呼ばれている。道路わきの草むらに入り、縁石の ...

2021/5/27

ネコのとなりに [第9回] 運動会(ネコリンピック)

ネコは身近な動物で、ヒトの社会の中で暮らしています。そのため野生動物とは異なり周囲の環境も含め、ヒトがいてネコは生きていけると思うのです。ヒトとヒトの間に繋がるいのち。今を生きる友達として向き合いながら、街の中にネコのいる風景が時代は変わってもあり続けてほしいと願うばかりです。 写真・文・イラスト平井佑之介 南北に延びる島には南と北にそれぞれ港があり、潮風対策にコールタールを塗布した木造住宅が軒を連ねる。島のちょうど中央には今は廃校になった小学校がある。 学校に向かう道からは、どこまでも遠くに見える水平線 ...

2021/5/27

ネコのとなりに [第8回]春の音

ネコは身近な動物で、ヒトの社会の中で暮らしています。そのため野生動物とは異なり周囲の環境も含め、ヒトがいてネコは生きていけると思うのです。ヒトとヒトの間に繋がるいのち。今を生きる友達として向き合いながら、街の中にネコのいる風景が時代は変わってもあり続けてほしいと願うばかりです。 写真・文・イラスト平井佑之介 薄橙の朝日と冷たいそよ風に春の訪れを感じる。桜は一面にピンクの化粧を、水気を含む葉は手を振るように揺れては、サワサワと音を立てる。夜露で光る地面は、日差しですぐに温かくなる。それを知ってか、ネコは日の ...

2021/4/30

ネコのとなりに [第7回]陽だまり

ネコは身近な動物で、ヒトの社会の中で暮らしています。そのため野生動物とは異なり周囲の環境も含め、ヒトがいてネコは生きていけると思うのです。ヒトとヒトの間に繋がるいのち。今を生きる友達として向き合いながら、街の中にネコのいる風景が時代は変わってもあり続けてほしいと願うばかりです。 写真・文・イラスト平井佑之介 いきものは環境ととなり合わせ。日当たりのよい土の道。森に住むトラのように〝だいちゃん〞が肩を揺らして、のしのしと歩く。爪とぎをして緊張をほぐすと、口角を上げた優しい顔で振り返り、「ついてきなよ」と大股 ...

2021/2/9

ネコのとなりに [第6回] 〝パンダ〞と名付けられた猫

ネコは身近な動物で、ヒトの社会の中で暮らしています。そのため野生動物とは異なり周囲の環境も含め、ヒトがいてネコは生きていけると思うのです。ヒトとヒトの間に繋がるいのち。今を生きる友達として向き合いながら、街の中にネコのいる風景が時代は変わってもあり続けてほしいと願うばかりです。 写真・文・イラスト平井佑之介 名前 そのオスネコは貫禄のある風貌と白黒模様から〝パンダ〞と名付けられた。一目置かれる存在で、怒りっぽいネコでさえ親分肌の彼にはケンカを仕掛けることもない。皮膚に持病を持つ〝パンダ〞は、季節の変わり目 ...

2021/2/4

ネコのとなりに [第5回] 10年間も指名手配されている猫

ネコは身近な動物で、ヒトの社会の中で暮らしています。そのため野生動物とは異なり周囲の環境も含め、ヒトがいてネコは生きていけると思うのです。ヒトとヒトの間に繋がるいのち。今を生きる友達として向き合いながら、街の中にネコのいる風景が時代は変わってもあり続けてほしいと願うばかりです。 写真・文・イラスト平井佑之介 お尋ね者 そのネコは10年間も指名手配されている。分かっていることはやや青みがかった毛色にオスらしい広い額と膨らんだ頬、他のネコにケンカを売って傷をよく作っているという目撃情報だけ。 「さすらいの〝グ ...

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD.